クローブで手作り虫除け!効果や使い方とは?

クローブが虫除けにも効果的だと知っていましたか?虫除けは夏の必需品ですが、赤ちゃんにはできるだけ肌に優しい成分でしっかり虫除け対策したいというママは多いです。今回は、クローブの虫除け効果や、簡単にできるクローブを使った虫除け効果についてご紹介します。

クローブの虫除け効果とは?

クローブ ハーブ

クローブは、香辛料としても知られているハーブの一種です。実は、クローブは香辛料としてだけではなく、鎮痛効果や抗菌作用、虫の忌避効果もある優れたハーブなのです。

クローブがもつ独特の甘い香りの主成分「オイゲノール」は、それ自体に殺虫効果はありませんが、この香りを苦手とする虫を近寄らせない虫除け効果があります。

一説によると、エッセンシャルオイルの中でも、虫除けに関する持続力は、希釈していないクローブが最も長いといわれています。

クローブは、スーパーのスパイスコーナーなどでで簡単に手に入れることができたり、クローブのアロマオイルでも同じような虫除け効果が得られるので、身近な虫除けに効果的なアイテムです。

クローブの手作り虫除けの作り方

クローブ ハーブ

クローブの虫除けスプレー

クローブの虫除けスプレーの材料

  • クローブ
  • 無水エタノール(消毒用アルコールでも可)
  • オイル(ベビーオイルやホホバオイルがおすすめ。)

クローブの虫除けスプレーの作り方

  1. 携帯サイズのスプレー容器にクローブを入れる。
  2. 容器の半分くらいクローブを入れたら、無水エタノール(消毒用アルコール)を八分目まで注ぐ
  3. 最後にベビーオイルなどのオイルを数滴入れ、容器の口をしっかり締めて2~3日ねかせる
  4. アルコールの中にクローブの成分が溶け込み、薄く色付いてきたら完成。
  5. クローブの防虫剤

    クローブを目の細かいネットやお茶パックなどに入れて、クローゼットの中に入れておくと、洋服に穴を開けるような虫の虫除けになります。

    クローブのアロマオイルを染み込ませた布を吊るしておくことも、虫除けに効果的です。衣類用の防虫剤の臭いが苦手な人にも、クローブの防虫剤はおすすめの方法です。

    クローブの防虫剤はおよそ1年ほど効果があるといわれていますが、香りが薄れてくると虫除け効果がなくなるので交換しましょう。

    クローブの虫除けの注意点

    注意 ポイント

    基本的にクローブは天然素材なので、有害なものではありませんが、場合によって使用をを控えたほうが良い場合があります。

    特に妊婦さんの場合は、臭いに敏感になっているため、クローブ特有の香りで気分が悪くなることがあります。

    また、乳幼児も肌に直接触れるとアレルギー反応を起こす可能性があるので、直接肌に吹きかけないように気を付けましょう。

    喘息などの疾患を患っている人も、臭いがキッカケでむせて発作を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

    虫除けに効果的なクローブですが、安全な環境で正しく使うことをおすすめします。

    クローブを正しく虫除けに活用しよう

    クローブ ハーブ

    クローブを活用した虫除け方法は、天然素材を使用しているので、赤ちゃんのいる家庭でも安心して使えます。

    しかし、体質や状況によって身体に刺激を与える可能性も考えられるので、使用する際はくれぐれも注意するようにしましょう。

    当サイトでは、他にも様々な虫除けに効果的なハーブの種類や、赤ちゃん虫除け8選をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です