小児ストロフルスってどんな病気?赤ちゃんの虫刺されとどう違う?

赤ちゃんの虫刺されがひどくなってなかなか治らない、そんな症状はもしかすると小児ストロフルスという病気かもしれません。悪化すると発疹が大きくなったり、強いかゆみを伴い病院での治療が必要になる場合もあります。普通の虫刺されとの違いや、小児ストロフルスの治療法についてまとめました。

小児ストロフルスの原因は?

? 原因

小児ストロフルスの原因は、蚊やノミ、ダニなどに刺された場合、かゆみを引き起こす原因となる「虫の唾液」に体が過剰に反応してしまうこととされていますが、はっきりしたことはわかっていません。(※1)

小児ストロフルスは、免疫機能が未熟な5歳以下の乳幼児に起こりやすく、特にアトピーなどアレルギー体質の子供に起こりやすいことから、遺伝的要素に強く影響されると考えられています。

虫の唾液に対する免疫ができない間は、虫に刺される度に小児ストロフルスにかかってしまう子供もいますが、免疫ができ始める5歳を過ぎた頃からは、虫刺されをしても発症しなくなります。

小児ストロフルスの症状は?

小児ストロフルス 症状 赤ちゃん

かゆみを伴う発疹や水ぶくれ

小児ストロフルスと通常の虫刺されとの違いは、アレルギー反応の強さです。小さな子供は免疫が低いため、虫の唾液に対して、大人よりも強いアレルギー反応を示します。(※2)小児ストロフルスの場合は、虫に刺された後、体や四肢(特に体幹)に、強いかゆみを伴う赤い湿疹(痒疹)が発生します。

痒疹の大きさは、一般的に米粒大から親指大程度。水ぶくれや茶色いしこり状になる場合もあります。

痒疹の症状は2週間~1カ月ほど続き、かゆみが治まった後はしこりが残ることがありますが、成長と共に目立たなくなっていきます。

※関連記事
赤ちゃんの虫刺されによる水ぶくれの原因と治療法

小児ストロフルスが引き起こす影響は?

小児ストロフルスの主症状である強いかゆみは、副次的な症状を引き起こすこともあります。

不機嫌・食欲不振

小児ストロフルスによってできた発疹や水ぶくれは非常に強いかゆみを伴うので、不機嫌や食欲不振などの症状をみる場合があります。

胃腸障害・だるさ

小児ストロフルスを発症した赤ちゃんの中には、胃腸障害を起こしお腹に違和感を覚えたり、倦怠感を感じたりといったケースもあります。

とびひ

強いかゆみの影響から、赤ちゃんが無意識に痒疹をかきむしってしまうことで、とびひ(伝染性膿痂疹)に悪化する可能性もあります。

※関連記事
赤ちゃんのつらい「とびひ」ってどんな症状?赤ちゃんのとびひの症状と虫除け対策

小児ストロフルスは病院での治療が必要?

病院 治療 医師 薬

小児ストロフルスは、症状が軽ければ普通の虫刺されと同様、時間が経てば治ります。

痒疹を掻きむしってしまいなかなか治らない、発疹や腫れがひどいなどの問題がある場合は、皮膚科や小児科で治療を受けましょう。

特に乳幼児は、かゆみを我慢できずに痒疹を掻きむしってしまい、とびひを引き起こす可能性があるため、内服薬や外用薬による治療が有効です。患部の炎症を抑えるステロイド剤や、かゆみを抑える抗ヒスタミン剤などを処方してもらうといいでしょう。ステロイドの影響が心配なら、漢方薬による治療を行っている病院もあります(※3)。

通常の虫刺されよりもひどくかゆそうにしていると感じたり、「なかなか治らない」と感じたりしたら、悪化してしまう前に、病院で治療してもらうと安心ですね。

小児ストロフルスはうつる?

薬を塗る赤ちゃん

小児ストロフルスは細菌性やウイルス性の病気ではないため、うつることはありません。そのため、同じ空間での生活を通して、他の赤ちゃんや家族に病気がうつることを心配する必要はないでしょう。

ただし、掻きむしった患部に雑菌が入ったり、症状が悪化してとびひになった場合は、注意が必要です。とびひは細菌性の伝染する病気ですので、小児ストロフルスからとびひに移行しないよう、早めの治療を心がけるといいでしょう。

小児ストロフルスの予防・対策法

小児ストロフルス 予防 対策 手洗い

赤ちゃんの虫除け対策をしっかりと

小児ストロフルスは虫刺されをきっかけに起こります。予防のためには、蚊・ダニに刺されないよう、しっかりと虫除け対策をしてあげましょう。

外出時は、赤ちゃんにも使える虫除けスプレーを直接塗ってあげましょう。

虫除けスプレーは、ディートフリーの天然由来成分でつくられているものが安心です。

虫除けリングや、ベビーカーに取り付ける蚊帳も効果的です。

また、長袖・長ズボンを着せ、できるだけ肌の露出を減らすのも大切なポイントです。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除け8選

手洗いで小児ストロフルスの悪化を防ぐ

赤ちゃんが小児ストロフルスになってしまったら、病院での治療に加えて、ホームケアで小児ストロフルスの悪化を防ぐことも大切です。

まず、手を洗う時には薬用石鹸を使い、指や爪の間などの細かい部分まで、丁寧に洗いましょう。

特に、赤ちゃんや小さな子供は、いろいろな物を触った手で無意識に患部を掻いてしまうため、注意しましょう。

また、タオルをこまめに交換するなど、衛生的な環境づくりを心がけます。

かゆみが強いときは、患部を冷やしてあげるのもいいでしょう。

治療に加えて、赤ちゃんの身の回りを清潔にしてあげることが、小児ストロフルスの症状改善に繋がります。

単なる虫刺されと油断しないで!小児ストロフルスを疑うことも大切

赤ちゃん 手

小児ストロフルスは、単なる虫刺されと誤解され、見落とされがちな病気です。

また、症状がアトピー性皮膚炎ともよく似ていて、素人目では区別がつかないかもしれません。

虫刺されに遭っていないか、患部を強くかゆがっていないかなど、日頃から赤ちゃんをよく観察しておきましょう。

小児ストロフルスは1~2歳頃がピークと言われています。また、時期的には、春から夏にかけて発症が多くなる病気です。虫刺されに遭いやすい季節に、原因不明のなかなか治らない痒疹が出たときは、小児ストロフルスの症状を疑ってもよいかもしれません。

※1 参考文献:はなふさ皮膚科【急性痒疹(小児ストロフルス)】

※2 参考文献:大木皮膚科【虫さされ(ストロフルス)・痒疹(結節性痒疹)とは?】

※3 参考文献:医療法人みやこ会 桑原皮フ科クリニック 【慢性痒疹および小児ストロフルスについて】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です