虫除け効果のある植物・ハーブ8選。赤ちゃんがいる家庭におすすめ

夏になると家に蚊が入ってきて、殺虫剤などを使いたくても赤ちゃんやペットがいる家庭での虫除けは気を遣いますよね。そこで虫除け効果のある植物がおすすめ!何といっても自然の力で安全に蚊除けができるのが魅力です。「ハーブを育てるのは難しそう…」と感じるかもしれませんが、簡単に育てられてインテリアにもなるおすすめの植物・ハーブを紹介します。

自宅で簡単栽培!虫除け効果のある植物・ハーブ

①ペパーミント

虫除けにも効果的なペパーミントの瑞々しいアップ写真

日頃、耳にする機会の多いペパーミント。アイスやデザートに沿えてあったり、手作りのカクテルやミネラルウォーターに入れて飲むのに使うことも多いハーブ。

ペパーミントはすっきりとした味わいを楽しめるだけでなく、虫除け効果や消臭、殺菌の作用を持った万能植物ですよ。

乾燥させて細かく刻んだペパーミントの葉っぱを小さな袋に入れて、クローゼットに入れておけば衣類を虫から守ってくれます。

他にも、脱いだ靴の中に入れると抗菌作用があったり、また水を入れた小さな花器などにペパーミントいけてキッチンに置くだけで、肉や魚を焼いたときの煙を吸ってくれ、部屋ではタバコの消臭効果もあります。トイレの消臭剤としても◎。

また、清涼感のあるペパーミントの独特な香りは、ゴキブリの虫除け効果が抜群といわれています。

ペパーミントは初心者にも簡単に栽培できるので、虫除け対策におすすめの植物です。

※関連記事
ペパーミントは虫除けにも使える?効果や注意点とは?

②レモングラス

虫除けにも効果的なレモングラスのシュッとしたアップ写真

レモングラスは、すっきりとレモンに似た香りを持つ植物です。

アロマオイルやハーブティーでも人気があります。トムヤムクンやカレーに使われるハーブとしても有名で、東南アジアの料理に度々登場します。

虫除けや消毒以外にも、空気中の細菌から守ってくれる効果も持っています。

また、リフレッシュ効果があるため、疲れた心を癒やしたいとき、筋肉の炎症や痛みを和らげ、脚のむくみ解消にも効果的です。

ただし、赤ちゃんには安全な植物ですが、妊娠中の人は注意が必要です。レモングラスは子宮を収縮させる効果があり、子宮出血や早産、流産の可能性が高まってしまうため、特に妊娠初期は注意しましょう。

レモングラスは、収穫した葉を室内で逆さにして吊るしておき乾燥させると長持ちします。乾燥ポプリにするのもおすすめです。

※関連記事
レモングラスで虫除け?赤ちゃんに優しい手作り虫除けスプレー

③ゼラニウム

意外にも虫除けに効果的な美しいゼラニウムのアップ写真

元気な赤色やピンク色のキレイな花を咲かせるゼラニウム。初心者にも育てやすい植物だといわれています。

ゼラニウムを窓際に置いたり庭に植えたりすると、見た目にも鮮やかで、かつ虫除け効果もあり部屋に蚊が侵入するのを防いでくれますよ。

ゼラニウムに含まれる「シトロネロール」は、蚊が嫌がる香りのため、虫除けに効果があります。

人間にとってはよい香りなので、ゼラニウムのアロマオイルを部屋で焚くのもおすすめ。

また、他の植物を害虫から守ってくれるので、庭の家庭菜園などに、ゼラニウムの鉢植えを加えてみるのもよいかもしれません。

※関連記事
ゼラニウムは虫除け効果がある?虫除けスプレーの作り方をチェック!

④シトロネラ

一見雑草みたいだけどどっこい虫除けに効果的なシトロネラのアップ写真

シトロネラはシャンプーの香りにも使用されることの多いお馴染みの植物です。レモンのような、すっきりした香りが特徴。

虫除けだけでなく、トイレの嫌なアンモニア臭にも効く植物です。

シトロネラの「シトラール」という成分によって、蚊の二酸化炭素察知能力を鈍らせる効果があります。

また、心を高揚させ、暗い気分を明るくスッキリとさせてくれる効果も。

病気の回復期や弱っているときに近くに置いておくと、体の活力や精神のバランスを回復させてくれますよ。

シトロネラのアロマオイルは、ゼラニウムとブレンドすると虫除け効果がアップします。

コットンなどにアロマオイルを染み込ませて置いておくのもおすすめ。

※関連記事
シトロネラで虫除けができる?虫除けスプレーの作り方や効果について

⑤蚊連草(蚊嫌草)

読んで字のごとく虫除けに効果的な蚊嫌草

ゼラニウムとシトロネラを掛けあわせた植物が蚊連草です。「蚊除け植物」「蚊嫌草」という名前でも販売されている植物です。

ゼラニウムが持っている虫除け効果をより強くした植物ともいわれています。

「蚊嫌草」と呼ばれるように、蚊を寄せ付けにくくする効果がありますが、人間にとってはバラのような心地よい香りがするため、玄関先に置いておくのもおすすめ。

日光を好みますが直射日光は避けて、夏場は風当りのよい場所に置いて育ててください。

⑥除虫菊

可愛い顔して虫除けに効果的な除虫菊の写真

古くから親しまれる虫除けアイテム「蚊取り線香」に含まれる除虫菊。別名「シロバナムシヨケギク」とも呼ばれています。

マーガレットのように小さくて可憐な花は見た目にも可愛らしいので、庭にたくさん植えると目で楽しみながら虫除け対策ができそうですね。オシャレに虫除けも叶えてしまう人気の植物です。

除虫菊の植物を植えているだけでは、蚊取り線香のように殺虫効果はありませんが、虫除け対策には効き目があります。

⑦タンジー

可愛らしい黄色の花を咲かせたタンジー

直径1cmほどの丸いボタンのような黄色の花が可愛らしい植物で、日本名では「ヨモギギク」。

古くから虫除け効果があるとして利用され、乾燥したタンジーを畳やカーペットの下に入れると防虫効果があり、犬小屋に入れるとノミ・ダニ対策となりおすすめ。

古くは料理の香りづけに利用されていましたが、現在では食用として使われていません。

タンジーは繁殖力が旺盛な多年草のため、一度植えると毎年きれいな黄色の花を咲かせてくれますよ。

⑧ニーム

虫除けに効果的なニームの写真

最近、徐々に人気が出ているニームは、インドのアーユルヴェーダでは薬効が高い植物として珍重されています。

観葉植物としてニームを置いておくだけでは虫除け効果はないとされており、殺虫成分のある葉や実から抽出したニームの液体をスプレーなどをすることで、蚊やゴキブリなどの虫除け対策になります。

ただ、ニームの育て方はまだ確立されておらず、上級者向けの植物といえそう。興味がある人は、専門店などで育て方を一度確認してみるとよいかもしれません。

※関連記事
赤ちゃんがいても安心!忌虫効果のあるハーブを使った虫除け対策まとめ

虫除け植物は虫除けスプレーと併用するのが効果的

帽子をかぶった赤ちゃん

今回ご紹介した虫除け効果のある植物は、即効性や殺虫効果があるわけではありません。

徹底的に虫刺されを対策できるわけではないため、あくまでも「プラスα」の感覚で取り入れるのがおすすめです。

大人だけの家庭であれば、薬品が含まれている殺虫スプレーや電気タイプの虫除け、蚊取り線香などを使いましょう。

赤ちゃんや小さな子供がいる家庭は、虫除け効果のあるアロマを焚いたり、直接お肌に塗れる赤ちゃん用虫除けスプレーや蚊帳と併用するのがよいですよ。

赤ちゃんにおすすめの虫除けスプレー:アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

●容量:80ml
●税込価格:2,538円

アロベビーは、ママ達に話題の純国産の赤ちゃん向けオーガニックブランドです。アロベビーから展開されている、アロベビー UV&アウトドアミストは、1本で虫除けと日焼け止めの2役の効果がある、おすすめの便利な虫除けスプレーです。

虫除け特有の有害成分・ディートは不使用。100%天然由来成分から生まれた虫除けスプレーなので、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

レモングラスやローズマリー葉油などの天然のアロマを使用していて、自然の力で虫を寄せ付けません。使用後は、お湯でサッと洗い流すだけでいいので、赤ちゃんのお肌にもやさしい虫除けスプレーです。

アロベビー詳細バナー

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除け9選

虫除け効果をもつ植物で香りを楽しみながら虫対策をしよう

ハーブ

赤ちゃんがいる家庭では、虫除け対策をしたいけれど害のない方法か確認するのに苦戦する…というママは少なくありません。

忌避効果のあるハーブや植物を使う方法ならば、基本的に赤ちゃんに直接危険が及ばないのでおすすめです。

玄関やベランダ、キッチンなど、ぜひインテリアとしても楽しみながら、虫除けに効果的な植物を育ててみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です