赤ちゃんの夏のお出かけに必須!ベビーカーの虫除け対策

赤ちゃんとの散歩などの楽しいお出かけタイム。気を付けたいのが夏の虫除け対策ですよね。月齢の小さな赤ちゃんから、少し大きくなってきた赤ちゃんまで、お出かけ時に大活躍のベビーカーにも、しっかり虫除け対策をしましょう。今回は、ベビーカー虫除け対策についてご紹介します。

赤ちゃんとのお出かけ時に!ベビーカーの虫除け対策

ベビーカー 虫除け

特にレジャーに絶好の気温が暖かい季節は、虫刺されの心配がより高まります。

赤ちゃんは大人よりも体温が高いので蚊に刺されやすいのです。

また、まだまだ蚊や害虫への免疫が備わっていないため、虫刺されによって熱を出したり、患部が大きく腫れてしまうことも。

これは、特別なことではなく赤ちゃんにはよくある出来事ですが、できるだけそんな辛い思いはさせたくないですよね。

赤ちゃんとのお出かけの時、ベビーカーの虫除け対策をするようにしましょう。

具体的なベビーカーの虫除け対策をおすすめグッズと併せてご紹介します。

1:ベビーカーに虫除けネット(蚊帳)をする

ベビーカーのオプションアイテムとして市販されている、ベビーカー用の虫除けネット(蚊帳)がとても便利です。

メッシュタイプでちょうどよい網目でつくられているため、赤ちゃんを蚊から守りつつ、風通しもよいので熱がこもってしまう心配もありません。

ベビーカーの虫除けネット(蚊帳)の多くは、日除け効果が備わっていたり、UVカット付きだったりと日焼け対策と兼用できるため、いろいろと見てみるとよいですよ。

さらに、ベビーカーの虫除けネット(蚊帳)に布用虫除けスプレーをにふりかけておくと、より蚊を遠ざけるので安心です。

渡嘉毛織 UVカット付きベビーカー用防虫ネット

渡嘉毛織 UVカット付き ベビーカー用虫除けネット

出典:www.amazon.co.jp

●税込価格:3,780円

日本製の高品質なベビーカー用虫除けネットです。ネットをベビーカーにさっとかぶせるだけで取り付け方は簡単。

各メーカーのA型・B型ベビーカーに対応しています。フリーサイズですが、口コミではやや小さめという意見も。

UVカット効果がついており、紫外線にあたるとハート模様が浮き出るようになっています。

さらに、「薄いパープルだと紫外線弱レベル」「濃いパープルだと紫外線強烈レベル」というように、浮き出るハート模様の色によって、4段階の紫外線レベルを把握することができます。

中には、浮き出てくる模様にびっくりしてしまう赤ちゃんもいるようです。なお、UVカットなし、虫除け効果だけのネットも販売されています(税込2,980円)。

ネット使用で自宅で洗濯が可能だったり、クシュクシュたためば本体だけで巾着型になったりと、細かな点で使いやすい部分もおすすめポイントです。

楽天やAmazon、渡嘉毛織のオンラインショップで購入することができます。

2:ベビーカーに吊るすタイプの虫除けをつける

ベランダや玄関に吊るすタイプと同様に、ベビーカー用の虫除け剤もおすすめです。

もしベビーカーに虫除けネットが取り付けられないデザインなど、吊るすタイプの虫除けであれば、ベビーカーのパイプ部分などにぶら下げておくだけでOK。

赤ちゃんに安心な成分の、ベビーカー用として販売されている虫除けを選べば安心です。

しかし、赤ちゃんのお肌はさらされてしまうので、虫除けスプレーを併用するとなお安心です。

3:ベビーカー自体にも虫除けスプレーをふりかけて

お出かけ前に、赤ちゃんのお肌に虫除けスプレーを塗るのと同時に、ベビーカーにもふりかけておくと効果があります。

赤ちゃん用の虫除けスプレーを使っても良いですし、衣類やベビーカー専用の虫除けも市販されているようです。

上記でご紹介した、虫除けカバーや吊るすタイプの虫除けが手元にない場合は、応急措置としてとにかくベビーカーにスプレーしておくようにしましょう。

※関連記事
赤ちゃんの虫除け体験談|赤ちゃんのお出かけ時に効果的な虫除け対策

ベビーカーだけでなく赤ちゃん自身の虫除けも忘れずに

赤ちゃん 虫除け お出かけ

ベビーカーにおこなう虫除け対策はもちろん大切ですが、まずは赤ちゃんへの虫除け対策が必須です。

お出かけ時に実践したい、赤ちゃん虫除け対策をご紹介します。

1:赤ちゃん専用の虫除けスプレー・クリームを塗る

赤ちゃんの虫除けスプレーを選ぶ際は、「ディート」という虫除け成分に注意してください。

ディートは化学合成成分のため、赤ちゃんのお肌に刺激が強く、人体への影響に不安な部分があり、6ヶ月未満の赤ちゃんには使用を控えるように注意書きがなされています。

赤ちゃんに直接塗る虫除けスプレーは、アロマ成分や天然由来成分100%のものを選びましょう。

いわゆる「スプレータイプ」はガスが心配という人も多いですが、赤ちゃんにはミスト状のタイプやクリームタイプを選ぶと安心です。

赤ちゃん用の虫除けスプレーの場合、その成分の安全性から、効果は長く続かないため、長時間のお出かけの時は2時間おきを目安に塗り直すようにしましょう。

今は、虫除けと日焼け止め1本になったミストやクリームも販売されていますので、いろいろ見てみるのがおすすめです。

※関連記事
赤ちゃんに虫除けは必須!赤ちゃん用虫除けスプレーで蚊の脅威から徹底ガード!

2:ブレスレット・リングタイプの虫除け

次に、赤ちゃんの腕や脚につける虫除けブレスレットもおすすめです。

手首に装着して、赤ちゃんがくわえてしまったり舐めるのが心配な時は、足首につけてもOK。

つけるだけなので簡単で安心です。

※関連記事
コスパ良しのダイソーの虫除けリングが大人気!赤ちゃんの虫除け対策にも使える?

3:虫除けシールを貼る

洋服の上から貼れる、虫除けシールも使いやすくて便利ですよ。

特にユーカリの葉エキスに虫除け効果があるそうで、ユーカリ葉エキスが配合された虫除けシールは効果抜群なんだとか。

しかし、赤ちゃんの手の届くところに貼ると、剥がれやすく誤飲の心配もあるので、背中の真ん中など、絶対に剥がせない様なところに貼るのがおすすめ。

工夫して、赤ちゃんを虫刺されから守りましょう。

4:洗濯時の一工夫

赤ちゃんの洋服を洗濯する時、ヒノキオイルを数滴垂らすと、防虫・防臭の効果があるそうです。

赤ちゃんに余計なものを付けずに、虫除け効果が期待できるのであれば、取り入れてみる価値はありそうですね。

赤ちゃんとの外出時はベビーカーの虫除け対策もしよう

赤ちゃん 手

赤ちゃんの虫刺され対策には、上記でご説明した、ベビーカーの虫除けカバーや虫除けスプレーなどの活用するのはもちろんですが、まずは虫の少ない時間帯にお出かけするように気を遣うことも大切です。

できるだけ蚊を避けるためには、午前中の早い時間帯がベスト。

夕方になるとたくさん蚊が出てきますので、涼しいからと夕方出かけるのはやめて、午前中に用事を設定すると良いですよ。

いろいろな虫除け対策を工夫して、赤ちゃんを虫刺されから守ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です