赤ちゃんの虫刺されに使う薬は?病院には行った方がよい?市販薬おすすめ5選

赤ちゃんに入念な虫除け対策をしていたけど、いつの間にか虫刺されが…! そんな突然の虫刺され、赤ちゃんのお肌が真っ赤に腫れあがって焦ってしまったという経験はありませんか? 特に、赤ちゃんとの初めての夏を迎える新米ママは、赤ちゃんが虫刺されにあった時はどんな薬を塗ればよいのかわからない人がいるかもしれません。今回は、赤ちゃんの虫刺されの薬についてご紹介します。

赤ちゃんの虫刺されは市販薬でかゆみを抑えて

虫に刺されて赤く腫れ、かゆみがある赤ちゃんの腕

どんなに頑張って赤ちゃんの虫除けをしていても、残念ながら虫に刺されてしまうことは少なくありませんよね。赤ちゃんは体温が高く汗っかきなので、虫を寄せ付けやすく虫刺されに遭いやすいもの。

赤ちゃんの虫刺されは、大人よりも強く反応が出やすいです。かきむしってとびひにならないように、患部を流水で洗って冷やしてあげたら、市販薬を塗ってかゆみを抑えてあげることが大切です。

赤ちゃんの虫刺されの市販薬は何がよい?

虫刺されの患部に薬を塗る子供

赤ちゃんの虫刺されに大人の虫刺され用薬は刺激が強いためよくありません。赤ちゃんに使う薬は、次のいずれかであることを確認し、かつ用法と用量、使用上の注意をよく確認してください。

  • 第2類医薬品(リスクが比較的高いもの。販売時の情報提供について努力義務がある)
  • 第3類医薬品(リスクが比較的低いもの。販売時の情報提供について法律上の規定なし)
  • オーガニック製品

さらに、赤ちゃんの虫刺されの市販薬は商品タイプの違いで、クリーム剤、液剤、パッチの3種類に分けられます。虫刺されの症状や使用する場面に合わせて使い分けをするとよいですよ。

クリーム

肌を保護する機能に優れており、顔などデリケートな箇所にも使いやすいです。あせもやおむつかぶれなど、幅広く使えます。

月齢の小さな赤ちゃんにおすすめです。

液体

クリームよりもかゆみに即効性があるといわれています。ただ、液体を塗った箇所が濡れたり、冷たく感じたりと、赤ちゃんがびっくりしてしまうことも。

手軽に塗れるので、歩くようになった赤ちゃんや外出先での使用におすすめです。

パッチ

パッチで虫刺されの患部を覆うことができるので、効果が持続し、強い痒みに効果的です。

赤ちゃんのかきむしり対策にもおすすめ。ただ、肌への負担が大きいため、月齢が大きな赤ちゃん向けの薬です。

子供が気になって剥がしてしまうことがあるので要注意です。

赤ちゃんの虫刺されの市販薬、ママの口コミでおすすめの5選

1.ムヒ・ベビー

ムヒベビー

出典:www.ikedamohando.co.jp

●容量:15g
●税込価格:950円
●第3類医薬品
●使用開始月齢:生後1ヶ月~

赤ちゃんの虫刺されの薬といえば「ムヒ・ベビー」。多くのママに選ばれてきたロングセラーの薬です。

ムヒ・ベビーは痒みを抑える効果があり、こちらのクリームタイプであれば生後1ヶ月の赤ちゃんから使用が可能。

刺激性のある成分を配合していないので、顔にも安心して使えます。

2.液体ムヒ・ベビー

液体ムヒ・ベビー

出典:www.rakuten.co.jp

●容量:40ml
●税込価格:1,058円
●第3類医薬品
●使用開始月齢目安:生後3ヶ月~

クリームタイプのムヒ・ベビーよりも痒みへの即効性がある「液体ムヒベビー」は、生後3ヶ月を目安に使用できるとされています。

これは、液体は塗布する時に「ヒヤッ」と冷たいせいか、赤ちゃんが驚いてしまうからという理由で設けられた使用目安なのだとか。

実際には3ヶ月未満の赤ちゃんでも使えるため、赤ちゃんの様子を見ながら使用を検討するとよいでしょう。

ママ目線では手を汚さずにサッと塗れる手軽さが人気です。

3.ムヒパッチA

ムヒパッチ

出典:www.rakuten.co.jp

●38枚入/540円、76枚入/918円
●第3類医薬品
●使用開始月齢目安:1歳~

アンパンマンのイラストが目印の「ムヒパッチA」。大人も使用可能なので、家族で使えます。

4.ポリベビー

ポリベビー

出典:www.rakuten.co.jp

●30g/842円、50g/1,296円
●第3類医薬品
●使用開始月齢:赤ちゃん~

虫刺され以外にも、おむつかぶれやあせも、湿疹、日焼け、乾燥肌など、10種類の効能があるとされている「ポリベビー」。

痒みを鎮める成分と患部の治りを助ける成分、最近の感染を防ぐ殺菌剤を配合しています。

ステロイド成分は含まず、植物油を使用した軟膏なので、赤ちゃんでも安心して使えます。

5.パーフェクトポーション アウトドアバーム

パーフェクトポーション アウトドアバーム

●容量:15g
●税込価格:1,296円
●商品区分:化粧品
●使用開始月齢目安:生後6ヶ月~

パーフェクトポーションはオーストラリア発祥のナチュラルスキンケアブランドです。

「アウトドアバーム」は薬ではありませんが、肌によいとされるティーツリーなどの天然成分を配合し、かゆみがおさまると口コミでも評判です。

ハーブの精油の香りも特徴的です。

赤ちゃんの虫刺されはすぐに病院に行かなくて大丈夫?

赤ちゃん 虫刺され 病院

赤ちゃんが虫刺されに遭ったら、まずは市販薬を塗って様子をみてみましょう。

市販薬で大体の虫刺されのかゆみは次第に治まっていきますが、腫れたりしこりが残ったり、水ぶくれができたり、膿んでジュクジュクしたり、患部に異変があれば、小児科または皮膚科を受診してください。

「たかだか虫刺されぐらいで…」と病院に行くことをためらうママもいますが、大人と同じと考えないで。心配な症状があるなら、念のために病院へ。

病院は小児科または皮膚科、どちらでもかかりつけの病院で構いませんが、できれば皮膚科がよいでしょう。

何度か虫刺されにあったり、1人目・2人目と育児に慣れてくると、「このくらいの虫刺されの症状ならば大丈夫」と何となくの目安がわかってくることも。

赤ちゃんの虫刺されは、症状によっては、ステロイドが配合された薬や軟膏の方がよいこともあります。医師に適切な薬を処方してもらいましょう。

病院ではどんな虫刺され薬が処方される?

病院で処方される虫刺されの薬といえば、一般的には「リンデロンVG軟膏」が多いようです。リンデロンVG軟膏は、抗生薬とステロイド薬の合剤で、化膿を予防しながら炎症を抑えてくれます。

即効性があるので、掻き壊して感染が懸念される赤ちゃんや子供の虫刺されには、抗生薬入りのステロイド薬ですぐに治してしまおうというのが多くの医師の定石となっているようです。

しかし、「リンデロンV」などの抗生薬の入っていないステロイド薬は、感染を助長してしまうことがあるため、医師の判断に従って薬を使用することが大切です。

赤ちゃん 虫刺され 薬 リンデロンVG軟膏

軽い虫刺されであれば応急処置で様子をみてOK

赤ちゃんの虫刺されには、できればステロイドなどの強い薬はあまり使いたくないですよね。

赤ちゃんの場合、見た目が腫れているような虫刺されであっても痒くないことがあるため、赤ちゃんが痒がっていなければ薬は塗らなくても大丈夫です。

赤ちゃんが虫に刺されたときは、まずは下記の基本的な対処をおこないましょう。

  1. 虫刺されの患部を流水で洗い流す
  2. 冷やして、痒みを抑え様子を見る

もしも赤ちゃんが患部を痒そうにしていたら、1~2の手順の後に、上記でご紹介した市販薬を塗って様子をみてください。また、虫刺されはお風呂に入ると体温が上がって痒みが増すことが多いです。

虫刺されにあった当日の入浴は短時間でササッと済ませ、他にご飯の後やお昼寝の後も体温が上がっているので注意しましょう。

日本では、虫刺されによる重篤な病気の感染は稀ではありますが、デング熱やジカ熱も近年話題になったばかり。

虫刺されの後は、赤ちゃんの発熱症状はないか、ぐったりしていないかなどの異変を注意深く観察し、少しでも様子が変だと感じたときは病院に連れて行きましょう。

赤ちゃんの虫刺されは事前に防ぐことが大切

赤ちゃん ママ 公園

どんなに虫除け対策をしていても、100%の虫刺されの防御というのはなかなか難しいものです。赤ちゃんが虫刺されに遭わないように、まずはしっかり虫除けをしましょう。

特に蚊の活動が活発になる4月中旬~11月頃の外出時に、気を付けたい虫除け対策のポイントをご紹介します。

  • 赤ちゃん用虫除けを塗る
  • 肌の露出を控える
  • 白やパステル色など色の薄い服を着る
  • ベビーカーの虫除け対策をする
  • こまめに汗を拭く
  • 夕方までには帰宅する

赤ちゃん用虫除けスプレーのおすすめ商品

アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

●容量:80ml
●税抜価格:2350円

これ1本で虫除けと日焼け止め効果の2役をこなします。天然由来成分100%配合、赤ちゃんに負担となる「ディート」や「紫外線吸収剤」は一切使っていません。新生児から安心して使えます。

レモングラスやローズマリーなどのオーガニックアロマの力で虫刺されから赤ちゃんをガード。効果を保つためにも、こまめに塗り直すのがポイントです(目安は2~3時間おき)。

当サイトでは、そのほかにも敏感肌にも安心して使える赤ちゃんの虫除けをご紹介しています。ぜひご参考ください。

赤ちゃんが虫刺されはまずは市販薬、よくならなければ受診を

赤ちゃん ママ 手

無抵抗な赤ちゃんが虫刺されに遭ってしまったら、かわいそうでママもどうすればよいか困ってしまいますよね。

赤ちゃんの虫刺されを発見した時は落ち着いて対処し、まずは患部を洗って清潔にしましょう。赤ちゃんにも使える市販薬を塗って様子を見ながら、冷やしたタオルでかゆみを抑えてあげてください。

ただし、赤ちゃんの肌は大人の状態とは異なるため、不安なことがあれば小児科や皮膚科に治療法を相談しましょう。医師に適切な薬を処方してもらえますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です