赤ちゃんが蚊に刺されたらどうなる・どうする?蚊に刺されたときの対処法

夏が近づくにつれて気になってくるのが、赤ちゃんの虫除け対策です。しかし、どんなにぬかりなく虫除けをしていても、どうしても蚊に刺されてしまうこともありますよね。赤ちゃんが蚊に刺されると、大人以上の症状が現れてしまいます。もしも赤ちゃん蚊に刺されたら、どのような対処をするべきでしょうか?今回は、赤ちゃんに特有の虫刺されの症状や、虫に刺された時の対処法などをご紹介します。

赤ちゃんが蚊に刺されたらどうなる?虫刺されの症状

指にとまった蚊

赤ちゃんが蚊に刺されたら、個人差もありますが、大抵は刺された患部が5cmほど腫れあがり、患部周辺にしこりができて硬くなります。

アレルギー反応や雑菌の侵入によって、水ぶくれができることもあります。

赤ちゃんが蚊に刺されると、大人の虫刺されよりも腫れやかゆみの程度が大きくなるため、危険な虫に刺されてしまったのかと心配になることもあるでしょう。

赤ちゃんが蚊に刺されると重症化するのはなぜ?

赤ちゃんが蚊に刺された場合、大人よりも反応するのが遅く、虫刺されから1~2日後に腫れてくる場合が多いようです。

虫刺されへの反応が数日遅れて出るタイプは「遅延性」と呼ばれており、虫刺されに対する免疫の程度によって差が出るとされています。

赤ちゃんは産まれてから虫刺されに遭った経験が少なく、蚊に対する免疫が非常に少ない状態です。

また、赤ちゃんは大人よりも抵抗力が弱いこと、皮膚が柔らかく薄いことなども、大人に比べて過剰な炎症反応が出る原因とされています。

このように聞くと、赤ちゃんが蚊に刺された場合の免疫をつくるために「ある程度虫に刺されておいた方がいいのでは?」と思ってしまうかもしれません。しかし、抵抗力は成長と共に自然とついてくるものですので、あえて積極的に虫に刺される必要はありません。

赤ちゃんができる限り虫刺されにあわず、つらい思いをしなくて済むように、ママ・パパが虫除け対策をしっかりしてあげることが大切です。

赤ちゃんが蚊に刺されたら:応急処置

赤ちゃんとママ

どんなに虫除けをしっかりしていても、蚊に刺されてしまうことはあります。

赤ちゃんが蚊に刺されたら、まずは自宅で応急処置をしてあげましょう。以下で具体的な方法をご紹介します。

1.患部を清潔に

赤ちゃんが蚊に刺されたら、まずは患部を流水で洗って清潔にします。

皮膚の表面に残った毒を洗い流したら、冷たいタオルやアイスノンで患部を冷やしてあげましょう。

かゆみが抑えられ、掻きむしりを防ぐことにつながります。

2.消毒

赤ちゃんが蚊に刺されたら、痒みに我慢できず掻き壊してしまうこともあります。

掻き壊した傷から雑菌が入ると、患部が化膿したり、とびひに発展したりといったケースもありますので、殺菌・消毒で予防しましょう。

消毒剤には、赤ちゃん向けの「小児用マキロン」などを利用するといいでしょう。

3.虫刺されの薬を塗る

患部を洗って消毒を済ませたら、虫刺されの薬を塗りましょう。

虫刺されの悪化を防ぎ、かゆみを和らげてくれます。

「ムヒベビー」など、赤ちゃんにも使える市販薬が売られているので、1本常備しておくといいですね。

患部の腫れや水ぶくれがひどい場合は、かかりつけの病院で相談しましょう。

虫刺されの症状に合わせて、ステロイド剤や保湿剤などを処方してもらうこともできます。

赤ちゃんが蚊に刺されたら、早めの対処が肝心です。症状がひどくなる前に応急処置してあげることで、治りも早くなりますよ。

※関連記事:赤ちゃんの虫刺されに使う薬は?病院には行った方がよい?市販薬おすすめ5選

赤ちゃんの虫刺されを予防:虫除けアイテム

蚊帳

虫刺されを最低限にするための虫除け対策も重要です。

ここでは、赤ちゃんにも安全で効果的な虫除け対策をご紹介します。

複数の虫除けアイテムを併用すると、さらに虫除け効果がアップしますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

虫除けスプレー

虫除けといえば、虫除けスプレー。赤ちゃん向けには、ディートが入っていない、天然由来成分の虫除けスプレーがおすすめです。

赤ちゃんの体に有害な成分が含まれていないので、虫除けスプレーを塗っている手を舐めてしまっても安心です。赤ちゃんのお肌への刺激が少ない点も嬉しいですね。

少しお値段が高めではありますが、ディートの使用が禁止されている生後6カ月までの赤ちゃんには、天然成分の虫除けスプレーを使ってあげたいですね。

当サイトでは、赤ちゃんに安心・安全な虫除けスプレーを多数ご紹介しています。参考にしてくださいね。
※関連記事:赤ちゃんに虫除けは必須!赤ちゃん用虫除けスプレーで蚊の脅威から徹底ガード!

虫除けシール

赤ちゃんの肌に直接つけることなく虫除けできることで人気の、虫除けシール。

赤ちゃんの手が届くところに貼るとはがしてしまうので、洋服の背中部分やベビーカー、帽子などに貼るといいでしょう。

蚊帳

このところ、あらためて蚊帳への注目が集まっているようです。

ベビー用の蚊帳も多く売られているため、ベビーベッドにワンタッチのベビー用蚊帳を使用すれば、蚊の侵入を防ぐことができます。

家族と一緒に寝ている赤ちゃんの場合は、全員がすっぽり入る蚊帳を使用するのもいいですね。

※関連記事:「蚊帳」を使って赤ちゃんを蚊から完全防備する方法!

赤ちゃんが蚊に刺されたら、落ち着いて適切な処置を

赤ちゃんとママの手

赤ちゃんが蚊に刺されたら、新米ママやパパは焦ってしまいますよね。

大切なのは早めの応急処置。症状がひどい場合には病院に連れていくと安心です。

適切な虫除け対策と処置が、赤ちゃんのお肌を守ってくれます。赤ちゃんの快適な夏のために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です