赤ちゃんに多い「とびひ」の症状とは?病院での治療法や予防法を紹介

虫刺されが原因で発症する可能性のあるとびひは、赤ちゃんに多い病気。かゆみや痛みの症状があり、感染力が高いのが特徴です。では赤ちゃんがとびひに感染したら、保育園には行けるのでしょうか。今回は、赤ちゃんのとびひの原因や治療法、予防策についてご紹介します。赤ちゃんには虫除け対策が必須ですよ!

赤ちゃんのとびひの症状は?人にうつる?

虫に刺された赤ちゃんの腕

とびひは感染力が強く人にうつる

とびひは、赤ちゃんが虫刺されやあせも、湿疹などを掻きむしり、黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)などの細菌に感染することで発症する皮膚の感染症です。

正式名称は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。

火事の火が飛び広がる「飛び火」のように、あっという間に症状が全身に広がるため「とびひ」と呼ばれるようになりました。

強い感染力を持つとびひは、赤ちゃんや兄妹・姉妹にうつらないように気を付けましょう。

バスタオルの共有や一緒にお風呂に入るのは避けてください。

とびひの症状は2種類ある

とびひは、「水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)」と「痂皮性膿痂疹(かしせい)」の2種類に分かれ、それぞれ症状が異なります。

水疱性膿痂疹

乳幼児に多く、初夏から真夏に多く発症するとびひ。黄色ブドウ球菌が虫刺されやあせも、擦り傷部分を引っ掻いて傷に侵入することで感染します。症状は、掻き壊した部分に小さな水ぶくれができて、周りが赤くなります。

水疱内は、最初は透明ですが次第に水ぶくれの中に膿が入り、それらが破けたときに浸出した液が周囲へと増えて、広がっていくようです(※1)。

痂皮性膿痂疹

季節はあまり関係なく、成人に多く見られるとびひ。アトピー性皮膚炎などに合併することが多く、溶連菌の一種が原因で急速に発症します。症状は、赤く腫れたり、発熱・リンパ腫の腫れ・喉の痛みが現れることもあります。

赤ちゃんのとびひが悪化すると深刻な病気になる可能性も

泣いている赤ちゃん

とびひの症状が悪化してしまうと、全身の皮膚が火傷のように剝けるSSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)という病気に繋がってしまう可能性もあります。

SSSSは、抗菌薬の内服や点滴が必要なため、赤ちゃんにとびひの疑いがある場合は、早めに病院へ行き医師の指示に従って治療をおこないましょう。

赤ちゃんがとびひになっても保育園は行ける?プールは?

保育園の教室

病院で治療をしていれば休ませる必要はない

とびひは、学校保健安全法という法律で「学校感染症、第三種(その他の感染症)」として扱われています。

ほかの園児にうつす可能性がありますが、病院を受診し治療中であり、病変部をガーゼなどで覆って露出していなければ、保育園や幼稚園を休ませる必要はありません(※2)。

プールは他の子供にうつす可能性があるため禁止

プールの水でとびひが感染することはありません。しかし、プールの水に触れて症状が悪化したり、他の子供にうつす可能性があるため、とびひが完治するまではプールに入るのは禁止となります(※3)。

赤ちゃんがとびひに!病院での治療法や薬は?

医師

とびひは自然治癒しないので、赤ちゃんの体に水疱を見つけたらガーゼなどで覆い、かかりつけの病院・皮膚科を受診してください。

絆創膏は水疱に貼ると菌が増殖するので、使用しないように気を付けましょう。

傷の大きさやジュクジュクしている部位によりますが、基本、とびひの治療には抗菌薬の塗り薬と内服薬が処方されます。

かゆみがひどい場合は、かゆみ止めや、炎症を抑え患部を保護する亜鉛華軟膏が処方されることもあるそうです。

処方された塗り薬や内服薬は、医師の指示に従って、用法・容量を守り使用してください。赤ちゃんのとびひは、通常であれば1週間ほどで症状がよくなります。

赤ちゃんのとびひの対策・予防法は?

クエスチョンマーク ?

1.肌の露出を控える

とびひは6月から7月の時期になると増えるため、赤ちゃんの服装に気を付けましょう。公園などは虫に刺される可能性が高いく、虫刺されはとびひの原因の1つでもあります。そのため、赤ちゃんの虫刺されを防ぐためにも、できるだけ肌の露出を控えましょう。

赤ちゃんは新陳代謝がよく、たくさん汗をかくので、通気性や速乾性のよい服装を選ぶのがポイントです。また、黒は虫が寄ってきやすいでの、明るい色の洋服を心掛けるのも虫除け対策となりますよ。

2.汗をこまめに拭く

虫は、人間の汗の臭いに寄ってくるといわれています。体温が高く汗っかきな赤ちゃんに虫が寄り付かないように、汗をかいたらこまめに拭き取ってあげましょう。長時間のお出かけには、着替えを持参するのがおすすめです。

3.爪を短く切る

皮膚を傷つけたり、虫刺されや湿疹を掻き壊したりしないように、赤ちゃんの爪はこまめに切って短くしましょう。深爪には注意してくださいね。

4.赤ちゃん用虫除けスプレーを使う

赤ちゃんの虫除け対策には、専用の虫除けスプレーを使うのがおすすめ。

虫除け効果が高い「ディート」は、赤ちゃんに使用制限がある化学成分です。そのため、ディート不使用で、天然由来成分で作られているオーガニックの虫除けスプレーを選ぶのがよいでしょう。

赤ちゃん用虫除けスプレーは、やさしい成分で作られている分、虫除け効果の「持ち」は短いので、こまめに塗り直すことも虫除け対策の1つですよ。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除け8選

赤ちゃんのとびひは早めに治療をしよう

寝ている赤ちゃん

とびひは、虫刺されや湿疹を掻くことで菌が侵入し、全身に水疱ができてしまう病気。

症状が悪化する恐れや、他の人に感染するので、とびひの疑いがある場合は、水疱部分をガーゼで覆い、すぐ病院へ行きましょう。

また、とびひを発症さないために、虫除け対策や爪を短く切るなどの予防法も大切です。

赤ちゃんがとびひでつらい日々を過ごさないように、対策をしっかり図りましょう。

※1 参考文献:公益社団法人日本皮膚科学会 とびひ Q4水疱性膿痂疹の症状はどのような状態ですか?
※2 参考文献:公益社団法人日本皮膚科学会 とびひ Q18幼稚園・保育園、学校は行ってもいいですか?
※3 参考文献:日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会・日本皮膚科学会 皮膚の学校感染症とプールに関する統一見解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です