ベランダのおすすめ虫除け対策!赤ちゃんがいても安心な方法とは?

ベランダからは、色々な虫が入ってくる恐れがあります。ベランダ用の虫除けも発売されていますが、赤ちゃんがいる家庭では影響の有無が気になりますよね。今回は、赤ちゃんがいても安心のベランダの虫除け対策についてご紹介します!

ベランダの虫除けは必要なの?

ベランダ

マンションの高層階であっても、ベランダの虫除け対策に油断は禁物です!蚊などの虫はあらゆる手段でベランダから室内で入り込み、どんどん繁殖していきます。

家の中で過ごすことの多い赤ちゃんにとっては、大人にとって見慣れた蚊でも、刺されると危険な場合があります。

虫の繁殖を放っておくと家の中に侵入して可能性もあるので、早めに虫除け対策を取ることが大切です。

赤ちゃんは蚊に刺されやすい?

虫刺されの中で、一番多い虫は蚊です。暖かくなるとベランダには蚊が多く繁殖し、部屋の中にも入ってきてしまいます。

体温が高い赤ちゃんは蚊を寄せ付けやすいため、家の中でも蚊に狙われやすく虫除けは必須です。

蚊に刺されるとかゆみだけでなく、デリケートな赤ちゃんの場合はひどく腫れたり、自分で掻きむしって悪化させてしまう可能性があります。

他にも蚊は日本脳炎、テング熱、ジカ熱といった病気の病原菌を運んでくることがあるので、虫除けを侮ってはいけません!

赤ちゃんは部屋の中で過ごすことが多くあまり移動しないため、ベランダから侵入してきた虫にも刺されることがあります。

そのため、室内でもしっかり虫除け対策をおこなうことがとても大切なのです。

ベランダに効果的!簡単にできる虫除け対策5選

5

ベランダで適切な虫除け対策をするためには、虫の特性を知ることが大切です。

虫が近寄れない環境を作り、あらかじめ対策をした方が害も少なく安心。

ここでは、赤ちゃんのいる家庭でも取り入れやすい、ベランダの虫除け方法についてご紹介していきます。

ハーブ

植物には、独特な香りや特徴が虫除けに効果的なはたらきをもっている場合があります。

鉢植えでよく売られているゼラニウムや、ハーブとしても広く知られているレモングラス、ペパーミントなどは虫が苦手とする香りのようです。

ベランダにこれらの鉢植えやプランターを置いておくと、ベランダでできる虫除け対策になります。

またこれらのハーブは精油にも同じ効果があるので、精油を薄めてカーテンなどにスプレーすると、虫除けとしても有効です。

※関連記事
虫除け効果のある植物・ハーブ8選。赤ちゃんがいる家庭におすすめ

ボウフラ対策

蚊は、ベランダの小さな水たまりなどで産卵することがあります。

排水溝や雨とい、鉢受け皿、空き缶やバケツなどに溜まった水も産卵場所の対象となり、1~2週間ほどで成虫になります。

虫除けのためにこれらの水たまりを完全に排除することはなかなか難しいですが、蚊が産卵できないような水たまりにしておくことはできます。

蚊の幼虫・ボウフラは、銅イオンで死滅するといわれています。そのため、水がたまりには10円玉を数個置いておくと効果的とされています。

また、漂白剤や中性洗剤も同じような効果をもつといわれるので、活用するのにおすすめです。

側溝や雨といなど手が届きにくい場所には、ボウフラやコバエなどの幼虫駆除専用の錠剤がよいでしょう。

ホームセンターや園芸用品店などで購入できる虫除けグッズもあるので、気になるアイテムは試してみてください。

遮光カーテン

夜行性の虫は、光に集まる特徴をもつものが多いです。

そのため、カーテンを閉めずに電気を付けていると、明かりの当たっているベランダに虫が集まりやすくなります。

電気を付ける時には、カーテンを閉めるだけでも虫除け効果がありますが、より虫除け効果を高めるためには、外に光を漏らさない遮光カーテンもおすすめです。

また、カーテンにハーブの香りを活用した、赤ちゃん用の虫除けスプレーを吹きかける方法も併用案としておすすめです。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除け8選

網戸

ベランダの窓を開けるときに網戸を締めていても、なぜか虫が家の中にいることはありませんか?

実は一般的な網戸の目より小さな虫は、簡単に室内に侵入できてしまうのです。

また古い網戸の場合、目が伸びて大きくなっていたり、サッシとの間に隙間ができている場所も侵入口となっています。

網戸から絶対に虫が入らないようにするためには、目が小さな網戸に張り替えたり、防虫剤を網戸にスプレーで吹きかけるとよいでしょう。

最近では、網の繊維に天然の忌避剤を練りこんで塗られている製品もあるので、ベランダの虫除け対策方法としてとても便利です。

ゴミ箱

ベランダに生ごみや空き缶用のごみ箱などを置いていると、臭いに釣られて色々な虫が集まってきてしまいます。

特にアリやゴキブリは、ベランダから部屋の中へ侵入する確率が高く、繁殖能力も高いので事前に虫を付か寄らせないベランダにしておくことが大切です。

その場合、ベランダでできる虫除け対策としてはゴミ箱は室内へ置くようにして、できるだけ生ごみを減らすなどを意識づけてみましょう。

ベランダの虫除け対策もしっかりおこなおう

ベランダ 窓

まだ体が未熟な赤ちゃんがいる家庭では、虫除け対策をしたくても安全面で不安な方法も多々ありますよね。

そんなときは、今回ご紹介したような方法で虫除け対策を実践してみてください。

植物などの自然の力を貸りたり、毎日の生活に工夫をするだけで、効果的にベランダでも様々な対策ができます。

安心の方法を見つけて、ベランダをきっかけとする虫の侵入から赤ちゃんを守ってあげてください。

※関連記事
部屋でできる虫除け対策!安全・安心の方法3選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です