赤ちゃんの虫除けで安全な対策とは?選び方のポイントやおすすめ3選

赤ちゃんの虫除け対策商品の効果は、どれでも同じだと思っていませんか?しかし、中には赤ちゃんにとって有害な成分が含まれているものもあり、注意が必要です。赤ちゃんにとって注意すべき成分や危険な理由、安全な虫除け商品の選び方やおすすめ商品について解説します。

赤ちゃんに虫除けは安全のために必要?

疑問 ?

赤ちゃんは虫を引き寄せやすい

蚊や害虫が活発に動き出す時期にお出かけする場合、赤ちゃんの虫除け対策は必須です。

赤ちゃんの平熱は37.5度前後と大人より高く、汗もよくかきます。そのため、蚊などの虫が引き寄せられがちで、虫刺されの被害に遭いやすくなります。

大人よりも重症になる危険性がある

さらに、赤ちゃんの肌は大人の半分程度の厚さしかないため、ひとたび虫に刺されると大人より腫れあがることもあります。重症なトラブルを引き起こす危険性もあるので、赤ちゃんの安全のために虫除け対策は必ずおこないましょう。

虫刺されにあって起こる症状として一般的なものは、腫れ・かゆみ・水ぶくれ・とびひなどです。

赤ちゃんを危険にさらす虫は蚊だけではなく、ダニ、蜂、クモ、ムカデなど多数います。蚊はデング熱や日本脳炎など、マダニはSFTS(重症熱性血小板減少症候群)などを媒介します。

日本にいるから安全だと甘く考えずに、大人がしっかりと虫除け対策をしてあげることが大切です。

赤ちゃんの虫除けで安全なグッズとは?

赤ちゃん 顔 肌

虫除け商品には、虫除けスプレーや、ベビーカーなどに吊り下げるタイプ、ベビーカーやベビーベッドにかける虫除けカバーなど、様々なものがあります。
それぞれ効果が異なるので、一番使い勝手がよい安全な虫除けグッズを選びましょう。

しかし忘れてはいけないのは、肌に直接つけるものに関しては成分表示です。天然ハーブやアロマを由来とするような虫除けなら、赤ちゃんにも安全に使えます。

赤ちゃんの虫除けは安全なものを!注意したい危険な成分とは?

注意 ポイント

虫除けに配合されている成分の中で、特に注意したいのがディートという成分です。ディートは害虫忌避剤のひとつで、虫除けの効果が非常に高い成分です。

ディートは過去にベトナム戦争や湾岸戦争などで使われ、兵士たちに健康被害が出た原因とも指摘されています。そのため、安全性に関してはまだまだ不確かな部分も多く、安全面に注意しなければなりません。

実際ディートを含んでいる虫除けスプレーには「6ヶ月未満の乳児には使用しない」「6ヶ月以上~2歳未満は1日1回」などの注意書きが記されています。

これらのことからも、赤ちゃんの安全のためには、ディート不使用の虫除けを選んだほうが賢明だと考えられます。

※関連記事
赤ちゃんに危険な虫除けの成分「ディート」って何?

ディート不使用!赤ちゃんの虫除けに安全なおすすめ商品3選

赤ちゃん 屋外 夏

1.アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト
出典:www.alo-organic.com

国産にこだわりぬいた、ベビースキンケアブランドとして有名なアロベビーの製品の一つです。100%天然由来の成分なので、0歳の新生児でも安全に使えます。

さらに、1本にUVカットの効果と虫除け対策の2つを併せ持っているのでとても便利。ディート以外にも、合成紫外線吸収剤が無添加なので、赤ちゃんのお肌に優しい虫除けミストです。

2.オーガニックマドンナ アロマガードミスト

オーガニックマドンナ アロマガードミスト
出典:www.amazon.co.jp

マドンナから発売されているアロマガードミストは、天然成分100%のオーガニック素材を使用しています。アルコールと防腐剤も無添加なので安全。0歳から使える虫除けです。

3.パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー

パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー
出典:www.amazon.co.jp

パーフェクトポーションは、オーストラリアのコスメブランド。こちらも100%天然由来の厳選された成分を使用して作られています。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除け8選

赤ちゃんの虫除けは安全に対策しよう!

赤ちゃん 顔 肌

デリケートな赤ちゃんに、虫除け対策は必須です。子供が小さい内は、まだ自分自身で虫除け対策をしっかりおこなえません。

赤ちゃんに安全な虫除けを選んで、虫刺されから赤ちゃんを守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です