シトロネラで虫除けができる?虫除けスプレーの作り方や効果について

シトロネラが虫除けに効果的だと知っていましたか?虫刺されは避けたいけれど、市販の虫除けスプレーを使用して肌が荒れてしまったり、トラブルを回避したいというときにはシトロネラの活用がおすすめです!シトロネラの虫除けスプレーの作り方や効果について解説していきます!

虫除けに効果的?シトロネラとは

シトロネラ アロマオイル

シトロネラとはイネ科の植物で、アロマオイルにも利用されるレモングラスなどと同じ種類のハーブです。そのため、シトロネラもレモンのように爽やかな柑橘系の香りを放ちます。南米など熱帯地域に広く生育し、生命力の強さも特徴として挙げられます。

※関連記事
虫除け効果のある植物・ハーブ8選。赤ちゃんがいる家庭におすすめ

シトロネラはどのように使用されている?

シトロネラはその爽やかな香りから、アロマオイルやキャンドルなどの原料として使用されています。さらに天然由来ならではの低刺激が信頼を得て、石鹸やボディクリームのような肌に直接触れる商品にも使われます。

他にも、料理に使われたり、猫よけとしても幅広く活用されています。

シトロネラが虫除けに効く理由とは?

疑問

なぜシトロネラは虫除けに効果的なのでしょうか?それは、シトロネラには蚊が嫌うシトラールという成分が含まれているためです。蚊以外にも、猫や犬につくノミの駆除にも役立つという説もあります。シトロネラは抗菌性も高く、虫除け作用があることから虫除けグッズにも重宝されているのです。

シトロネラの虫除けスプレーが自宅で作れる?

スプレー

赤ちゃん以外にも、お肌の弱い人やかゆみ・赤みが起きやすい人にとって、市販の虫除けスプレーは刺激が強すぎる場合も少なくありません。そこで、天然成分のシトロネラが持つ虫除け作用を効果的に活用した、アロマにも虫除け使えるスプレーを手作りしてみませんか?
手作り虫除けスプレーの作り方をご紹介します!

シトロネラの虫除けスプレー作りに必要な物

  • シトロネラオイル
  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水 50ml
  • スプレー容器

以上のアイテムを用意しましょう。アロマオイルは紫外線に影響を受けてしまうため、虫除けスプレーを入れる容器を選ぶときには遮光性の高いものや、中身に影響を及ぼしにくい濃い色のものを選ぶことがおすすめです。

シトロネラの虫除けスプレーの作り方

  1. 容器につめた無水エタノールに、シトロネラオイルを10滴程度垂らす
  2. そこに精製水を足して中身が混ざるようによく振る

たった2ステップでシトロネラの手作り虫除けスプレーの出来上がりです!
完成後は腕の内側など、目立たないところに吹きかけて24時間放置してパッチテストを行いましょう。赤みやかゆみなどの問題がなければ、使用を始めてかまいません。

シトロネラの虫除けスプレーにはどんな効果がある?

赤ちゃん 屋外

シトロネラの虫除けスプレーは、衣服に軽く振りかけることで虫さされを予防することができますので、外出時にはぜひ持ち歩いておきましょう。さらに、虫除け以外にも効果的なスプレーの使い方をご紹介します!

その1:ペットのダニ予防に

ご自宅のペットのダニが気になるときには、首輪の内側にシトロネラの虫除けスプレーをワンプッシュしてください。ただし、ペットによっては嗅覚が優れているなどの理由から嫌がる場合があるため、様子を見ながら使用しましょう。

その2:フレグランススプレーとして

蚊が嫌がる香りでも、人間にとっては爽やかな香りも魅力的なシトロネラ。靴の内側や衣服に軽く吹きかけることで、香水を使わずともほのかな香りをまとうことができます。もちろん防虫効果も期待できますので、オフシーズンの衣服にも使えて一石二鳥ですね。

その3:夜の快適な睡眠のため

シトロネラの虫除けスプレーをコットンに吹き付け、枕元に置いておけば蚊取り線香のように睡眠時の虫除けとしての効果が期待できます。さらに、アロマ特有の心地よい香りが感じられるため、リラックスしながら快適な睡眠も叶えられておすすめです。

爽やかな香りが心地よいシトロネラを、アロマオイルとして日常的に活用している人もいるのではないでしょうか?ぜひ、自然素材の虫除けスプレー作りを試して、生活のあらゆるシーンに取り入れてみてくださいね。

当サイトでは、シトロネラの手作りスプレー以外にもさまざまな赤ちゃん用虫除けスプレーをご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です