ハッカ油を使った虫除けは簡単で安心!その効果と作り方

ハッカ油が虫除けに効果的だと知っていましたか?市販の虫除けスプレーは、赤ちゃんや子供のお肌に負担をかけてしまいやすいんです。そこでおすすめなのがハッカの香りを使った虫除けです!赤ちゃんにも安心のハッカ油を使った虫除けの効果や作り方をまとめてみました。

赤ちゃんに虫除けスプレーは危険?

赤ちゃん 屋外

外に出掛けるとき、赤ちゃんや子供に良かれと思って虫除けスプレーをたっぷり吹きかけていませんか?実は、市販の虫除けにはディートと呼ばれる成分が含まれています。ディートは蚊の触角の毛穴をふさぐことで人間を感知させなくするもので、この成分が赤ちゃんや小さい子供には良くないのです。

赤ちゃんや子供への使用目安が定められています。

  • 赤ちゃんには必要なときにしか使用しない
  • 赤ちゃんの顔には使用しない

1日あたりの使用回数の目安

  • 6ヶ月未満の赤ちゃんには使用しない
  • 6ヶ月~2才未満は1回
  • 2才~12才未満は1~3回

確かに、市販の虫除けスプレーをすると独特な強いニオイがあったりして、赤ちゃんや小さい子供には使うのは心配ですよね。そんな時におすすめなのがハッカ油を使った虫除けです!

※関連記事
赤ちゃんに危険な虫除けの成分「ディート」って何?

ハッカ油が虫除けにおすすめの理由

子供 屋外

ハッカ油とは、ハッカから抽出したオイルでメントールやカルボンが主成分です。ハッカ油はスーッとする香りが特徴で、虫除け以外にもさまざまな使い方を注目されています。

  • ハッカ油の使い方1.お風呂に入れて夏の暑さ対策
  • ハッカ油の使い方2.消臭効果があるのでボディーソープに入れる
  • ハッカ油の使い3.ハッカ油水うがいで口臭予防

ハッカ油に虫除け効果があるのはその香りです。ハッカ油のスーッとした香りを苦手な虫が多く、蚊もそのうちの一種。
つまり、ハッカ油で作った虫除けを服や帽子など身に着けるものに付けて、ハッカの香りでガードすれば虫が寄ってこなくなるのです!

ただし、香りが無くなると効果が無くなるので、ハッカの香りが弱くなったらスプレーし直す事が大切です。

ハッカ油を使った虫除けスプレーの作り方

ビーカー フラスコ

ハッカ油を使った虫除けスプレーづくりは、複雑な材料は必要ありません。メインとなるハッカ油も、ドラッグストアやネットで簡単に購入できます。

【材料】

  • ハッカ油 20~40滴
  • 無水エタノール 10ml
  • 精製水 90ml
  • スプレーの容器

【作り方】
作り方1.ハッカ油と無水エタノールをよく混ぜる。これをしないと分離しやすくなってしまいます。
作り方2.精製水を加え、スプレー容器に入れて良く振る。以上で完成です!
とても簡単に作ることができます!

ハッカ油の虫除けを使うときの注意点は?

注意点

ハッカ油の虫除けスプレーを使うときの注意点ですが、使う前にしっかり振る事と、使用期限を守る事です。
使用期限はおよそ1週間~10日で、時間が経つとハッカ油の香りが変化したり弱くなってしまいます。

一度にたくさん作るのではなく、使い切りの量を作るようにするのがおすすめです。手作りだと保存料なども入っていないうえに、ハッカ油も天然成分なので赤ちゃんや小さい子供にも安心して使えますね!

最近は無添加やオーガニックの虫除けスプレーなど、安心して使える成分の虫除けが注目されているます。しかし手作りは一番安心ですし、毎回虫除けスプレーを買うよりも節約にもつながります!注意点をしっかり守って赤ちゃんの大切なお肌を蚊から守りましょう!
また、当サイトではハッカ油の虫除けスプレー他以外におすすめの赤ちゃん用虫除けスプレーについてご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です