蚊に刺されたらセロテープでかゆみ止め!?その真相と注意点

蚊によるかゆみをおさえるのにはセロテープが効くという噂をご存知ですか?多くの人が悩まされる蚊の虫刺され。嫌なかゆみを我慢できずにかいてしまう事も多いはず。そこで、本当に蚊によるかゆみはセロテープでおさまるのか?気になる噂の真相を調べてみました。

蚊に刺された!セロテープがかゆみ止めになる?

女性 困る

蚊に刺された時にかゆみを止める方法として色々な説がありますが、セロテープで蚊による虫刺されが止まるという噂があります!方法は簡単で蚊にさされたところにセロテープを貼る、それだけです。
セロテープはどの家庭にもあるような身近なものでコストも安いので試しやすく、セロテープで本当にかゆみがおさまった!気が付いたら腫れが引いていた!と、効果を実証した声が多数あります。

蚊に刺されがセロテープでおさまったら簡単でいいですよね!でも、なぜセロテープで虫刺されのかゆみや炎症が治まるのでしょうか?詳しく調べてみました。

蚊による虫刺されのかゆみがセロテープで治まる理由はなぜ?

疑問

そもそも蚊に刺された時のかゆみは蚊の唾液にあります。蚊は血を吸うために針を刺すときに麻酔効果のあるヒスタミンという成分の入った唾液も注入します。その唾液が体内に入ったときにアレルギー反応を起こしかゆみとなって出てくるのです。
かゆみに耐えられず、刺し口を掻きこわしてしまうと炎症を起こし悪化してしまいます。そんな蚊に刺されのかゆみにはセロテープを貼る事でなぜかゆみがおさまるのか?

外からの刺激を受けにくくする

刺し口が外部刺激に敏感になっているため、セロテープを貼ることでカバーできる。

血管が圧迫されてかゆみがおさまる

蚊に刺されによる刺し口をセロテープで圧迫することで血の流れが悪くなり、かゆみがおさまる。

        

いくつか説はあるようですが、どれも科学的な根拠は無いそうです。ですが、蚊による虫刺されにセロテープを貼る方法を試した人は効果的!と評価する口コミも多いので気になる人は試して見るのも良いかもしれません。

蚊にさされにセロテープを貼るときの注意点

セロテープ

かぶれに注意

セロテープの粘着質で貼った箇所がかぶれてしまう可能性もあるので、皮膚が弱い方は要注意です。貼ってみて違和感があるときは、すぐにはがしましょう。

はがし忘れに注意

セロテープは透明のタイプが多いので、うっかりはがし忘れないように気を付けましょう。セロテープを長くつけていることで、肌トラブルが起きてしまう可能性もあるので注意が必要です。

セロテープで蚊のかゆみ止めは安全?子供にもできるの?

赤ちゃん 屋外

蚊による虫刺されにはセロテープで効果があるのはわかりましたが、子供にもできるほど安全なのでしょうか?蚊に刺された部分は小さいですが、キズ口であり炎症を起こしているのでセロテープを貼るのは心配ですよね。
蚊の虫刺されに対するセロテープでのかゆみどめ、皮膚科医などの意見は、「あまりおすすめはできない」でした。

その理由としては、セロテープについた雑菌が刺し口に繁殖してしまう恐れがあるかゆみはおさまっても炎症はおさまらないからだそうです。

赤ちゃんや子供は、体温が高いことから蚊に刺されやすいため、注意が必要です。子供が蚊に刺されてかゆみを辛そうなときのセロテープ以外のおすすめケア方法をご紹介します。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除けランキング

患部を冷やす

子供が蚊に刺されてしまった部分をかゆくて我慢できないときは、患部を冷やしてみるといいです。保冷剤などでしばらく冷やしていると、自然と治まってきます。

爪を切っておく

子供は、かゆい部位を引っ掻いて傷をつくり、そこから菌に感染し「とびひ」にってしまうことがあります。まず、蚊に刺された患部を清潔にすること、爪を短く切って傷をつくらないようにすることを心がけましょう。蚊に刺されの傷が化膿してしまう前に薬を使用することもおすすめします。

虫刺され専用の薬やパッチを使う

かゆみや腫れがひどいときには、虫刺され専用の薬やパッチの使用も必要です。子供の場合は、蚊に刺された経験があまりないため、アレルギーに対する反応が遅く、蚊に刺されてから数時間以上経ってから腫れてくるので、びっくりするパパ・ママも多いようです。

大人のように刺されてすぐにかゆくなるようなら、かゆみ止め成分のヒスタミン剤が効果的です。
患部が化膿してしまったら抗菌剤、蚊にさされによるアレルギー症状がひどいようならステロイド剤が効果的ですが、これらは自己判断で使用せずに医療機関の指示を受けましょう。

※関連記事
赤ちゃんの虫刺されに使う薬は?病院には行った方がよい?

セロハンテープ以外の蚊にさされ対策

赤ちゃん 大人

大人で肌が丈夫なら、セロテープによる蚊に刺され対策を試してみてもいいかもしれません。ほかにも、蚊にさされにくい環境作りを見直してみましょう。

最近では虫除けスプレー以外にも蚊を寄せ付けない虫除けグッズや、虫除け効果のあるハーブや香りなど、赤ちゃんや子供がいても安心してできる虫除け方法がたくさん紹介されています。蚊によくさされてしまう人は、虫除けグッズも並行して使ってみるとよさそうです。

※関連記事
虫除け効果のある植物・ハーブ8選。赤ちゃんがいる家庭におすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です