赤ちゃんが蜂に刺された時の症状、アウトドアは蜂刺され対策も万全に!

お天気のいい休日は赤ちゃんを連れて空気のきれいなところへお出かけしたくなりますよね。7~9月の時期、自然豊かな場所には、蜂などの危険な虫がたくさん発生するので注意が必要です。「もし赤ちゃんが蜂に刺されたら…」不測の事態に備えて、蜂に刺された時の応急処置を知っておきましょう!

赤ちゃんが蜂に刺されてしまったときの対処法

蜂 刺され

赤ちゃんとアウトドアや散歩に出かけた際、気を付けていててもうっかり蜂のテリトリーに入ってしまい…。もしも赤ちゃんが蜂に刺されても、焦らずに適切な応急処置をしてあげることが大切です。

蜂のいない場所へ避難

まずは、蜂のいないところへ急いで避難しましょう。蜂の毒には他の蜂を呼ぶ独特の臭いがあります。その場に留まっていると、他の蜂からさらに攻撃されてしまう危険性があります。

患部を流水で洗い毒素を抜く

蜂に刺されると、傷口に針が残っている可能性があるため、押さえたりこすったりしてはいけません。傷口の周囲をつまみ、流水で毒素を洗い冷やします。

気を付けたいのは、毒を抜く時に口で吸い取るようにすると、体内に毒が入ってしまいます。アウトドアショップなどで売られている専用の吸引器で吸い取る方法が一番安全です。

赤ちゃんの蜂刺されは病院に行った方がいい?

病院 赤ちゃん 蜂 刺され

アレルギー症状が出る可能性も

赤ちゃんが蜂に刺されたあと、上記のように、流水で洗い流し傷口を冷やしてなどの応急処置をしても、まだ安心はできません。目に見えない蜂の針の一部や毒素が残っているかもしれません。

また、蜂に刺された人のうち、10~20%の人は「蜂毒アレルギー(アナキフィラキシーショック)」を引き起こし、最悪のケースで命を落とすこともあります。

赤ちゃんが蜂に刺された場合、通常であれば、傷口周辺が痛み腫れる症状で済みますが、蜂毒アレルギーは全身にじんましんが出てきたり、発熱、嘔吐などの症状が見られます。重症の場合は呼吸困難を起こします。

特にデリケートな赤ちゃんの場合は、病院で適切な処置を施し、蜂毒アレルギー反応がないか確認するためにも、蜂に刺されたら赤ちゃんを病院に連れて行きましょう。

遠方へアウトドアに行く際は、行き先を決める段階で、道中や目的地の近くにいざという時に掛け込むことのできる病院があるかを確認しておくと安心です。

赤ちゃんが蜂に刺されないようにするために

赤ちゃん 蜂刺され 対策

赤ちゃんとのお出かけは蜂がいない場所を選んで

基本的に、蜂は何もしなければ襲ってくることはありません。蜂に近づき過ぎたり、怖がって大声を出して逃げるとびっくりして攻撃してきます。

蜂がいる場所でヨチヨチ歩きの赤ちゃんがウロウロするのは大変危険ですので、周りをよく確かめてからお散歩させてあげましょう。

蜂は臭いに誘われてやってくる!

蜂は臭いに敏感で近寄ってくる習性があります。顔や衣服にお菓子やジュースをこぼしたものが付いていたりすると、蜂を誘い寄せてしまいます。赤ちゃんの手に食べかけの食べ物を持たせないようにしましょう。

明るい色の洋服で出かけよう

蜂は黒い色が好きなので、衣服は黒ではなく明るい色のものを着せてあげましょう。これは蚊に刺されないようにするためにも効果的です。

夏場は暑いのでTシャツに半ズボンといった格好が多くなりますが、アウトドアに出かける時は、できるだけ肌の露出を抑えましょう。虫刺され対策として、風通しのよいカーディガンを着せたり、タオルをかけてあげるとよいでしょう。

蜂の嫌いなハッカスプレー

市販の虫除けスプレーは、蚊を対象にしている製品なので蜂には効果はありません。蜂はハッカの臭いが苦手なので、ハッカ油を水で薄めたものをスプレーすると効果的です。ハッカ油を薄めるために使う精製水は薬局で手に入るので、簡単に手作りすることができます。スプレーボトルに精製水200mlを入れ、ハッカ油を2~3滴垂らしシェイクすればできあがり。

薄めたハッカ油であれば(原液は刺激が強いので必ず薄めましょう)赤ちゃんの肌にも使えて、蜂除けに効果があります。蒸発しやすく臭いも消えやすいので、こまめに振りかけてあげましょう。

※参考文献:林材業労働災害防止協会 蜂に注意「蜂の種類とその対策」「蜂に刺されたときの症状と対策」「蜂刺され対策用の自己注射器について」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です