虫除け成分ピレスロイドってどんな成分?赤ちゃんに使っても大丈夫?

赤ちゃんがいるお家で虫除けを使うときに気になるのが安全性ですよね。蚊取り線香などに含まれていることで有名なピレスロイドという成分はどんな成分なのでしょうか。赤ちゃんの健康への影響は大丈夫なのでしょうか。赤ちゃんのためにも、ピレスロイドの特徴や安全性をしっかりチェックしましょう。

虫除けや蚊取り線香に含まれるピレスロイドの効果は?

蚊取り線香 虫除け ピレスロイド

夏場には欠かせない虫除けや蚊取り線香。赤ちゃんや小さな子供がいる家庭ではなおさら虫除け対策を強化したいところですよね。ピレスロイドはそんな虫除けスプレーや蚊取り線香に使われる一般的な成分です。

ピレスロイドとは、除虫菊の花に含まれる殺虫成分「ピレトリン」に似た化合物。ピレスロイドは、蚊などの害虫の神経を麻痺させて退治する効果があるため、蚊取り線香やタンス用防虫剤、白アリ防除など、幅広く虫除けに使われています。虫除けとして、ピレスロイドには以下のような優れた効果があります。

1.すぐに効く

少量でも効果があります。蚊などにピレスロイドを吹きかけるとすぐに落とすことができます。

2.忌避効果があるため蚊を寄せ付けない

蚊取り線香をたいて部屋にピレスロイドを充満させておくと蚊が嫌がって寄ってきません。

3.環境にやさしい

ピレスロイドは、人体・動物の体内だけでなく、空気・熱に触れると分解しやすい性質を持っています。虫除けとして蚊などに効果を発揮した後は自然と分解されます。

ピレスロイドの赤ちゃんへの影響、安全性は?

赤ちゃん 虫除け ピレスロイド 影響

ピレスロイドは人などの哺乳類は体内で分解して体外に排出できるため、影響はほとんどなく安全な虫除け成分だといわれています。しかし、免疫力が弱く様々な機能が未熟な赤ちゃんや、胎児に影響を与えそうな妊婦さんの場合はどうなのでしょう。その答えとしては、「使い方と使用量をきちんと守れば、赤ちゃんや妊婦さんにも影響はない」といわれています。

とはいっても、蚊などの害虫に即効性がある成分です。赤ちゃんや妊婦さんに限らず健康な大人であっても、ピレスロイドの使い方を間違えて過剰摂取をしてしまうと、吐き気やしびれ、めまい、麻痺などの症状が出る可能性について虫除けや蚊取り線香の製品に注意書きがあります。

つまり、いくら人体に安全な成分とはいわれていても、正しく使わないと危険が伴うということ。特に、影響の受けやすい赤ちゃんや妊婦さんは、充分に気を付けてあげたいですね。

※関連記事
蚊取り線香は赤ちゃんがいても使って大丈夫?赤ちゃんへの影響・安全性は?

赤ちゃんの正しいピレスロイド入り虫除けの使い方

赤ちゃん 虫除け

赤ちゃんに安全に虫除けや蚊取り線香を使うには、ピレスロイドを過剰に摂取しないように注意してあげることが必要です。締め切った部屋でピレスロイドを充満し続けないこと。もし長時間使用する場合は、こまめに喚起するようにしましょう。夏場は特にエアコンを使用するため、どうしても部屋を密室にしてしまいがちです。ある程度、虫除け成分が充満したら、一度虫除けや蚊取り線香を消しましょう。

また、虫が嫌う匂いを活用したオーガニックハーブやアロマを使った赤ちゃんに安全な虫除けも多く販売されています。できるだけ安全性の高い虫除けを活用すると安心ですね。特に赤ちゃんの肌に直接塗る虫除けスプレーは、化合物の含まれない天然由来成分を使ったものがおすすめです。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除け8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です