子供の夏休みは虫除け対策を万全に!天然由来成分の虫除けスプレーを使って

子供たちにとって夏休みは、海水浴や山登り、公園遊び、バーベキューなどのイベントが盛りだくさんで楽しいですよね。そこで気を付けてあげたいのが子供の虫除け対策。子供はまだ免疫がないため、虫刺されに遭うとポンポンに赤く腫れ上がってしまいます。子供のせっかくの楽しいお出かけが台なしにならないように、虫除け対策を万全にしてあげましょう!

子供の虫除け対策は必須!

子供 虫除け

赤ちゃんや子供の頃は、肌がとても柔らかく、抵抗力や免疫力は大人と比較するとまだまだ弱くて未熟です。蚊に刺されると患部が大きく真っ赤に腫れ上がり、いつまで経ってもかゆみが治まらず、掻きむしってしまいます。大人の皆さんも、子供の頃に経験したことでしょう。

近年話題になっているデング熱やジカ熱、昔から恐れられている日本脳炎といった、蚊から媒介する病気も心配です。子供の場合は、かゆみに任せて気が済むまで掻きむしってしまい、とびひになってしまうこともあります。

これらの虫刺されが原因の病気を予防するためにも、子供たちの夏休みのお出かけの際は、大人がしっかりと虫除けをして守ってあげることが大切です。

子供の虫除けに注意したい虫たち

ムカデ

一般的には、虫除けというと「蚊」を想像しますよね。蚊のように、刺されるとかゆみが生じる虫が一般的ですが、人を刺したり噛んだり、痛みを感じる虫もいます。

子供の虫刺されに気をつけたい代表的な虫たちをご紹介します。蚊やその他の虫も、刺されてしまったら、まずは患部を洗い流しましょう。その後、専用の薬を塗るようにして、もし症状が悪化するなどおかしなことがあれば病院に連れて行きましょう。

        

  • 蚊・ノミ・イエダニ・シラミ・毛虫
    夏の虫の代表「蚊」をはじめ、これらの虫に刺されるとかゆみを引き起こします。
  • ブヨ・マダニ・アブ
    刺されると患部が痛かゆくなってしまいます。
  • ムカデ・ハチ・カミキリモドキ
    刺されると患部に痛みを感じます。

子供のお出かけに実践したい虫除け対策

子供 虫除け

1.お出かけのときは肌の露出を最小限に

子供にとって、蚊がたくさんいそうな公園や空き地へのお出かけは日課のようなもの。特に虫刺されの危険性がある場所へのお出かけの際には、長袖・長ズボンのお洋服を選んでください。

夏場で暑さもピークのときは、できるだけ通気性のよい素材のお洋服にしましょう。首回りは、日除けが付いている帽子などを被せてガードします。日焼け対策にも有効です。

また、虫は黒っぽい色の洋服を好むため、明るい色の洋服にすると虫除けになります。一緒にお出かけするママやパパも、虫除けのために明るい色のお洋服を着ましょう。

2.肌の露出部分は虫除けスプレーを塗る

手や腕、足、首から上など、洋服では隠せない露出している部分には、肌に直接虫除けスプレーを塗りましょう。赤ちゃんや子供に使う虫除けスプレーは、刺激の強い化学成分の「ディート」が入っていない天然由来成分で作られたアイテムが安心です。

天然由来成分の虫除けスプレーであればもし舐めても安全ですが、顔にスプレーを使用するときは、念のため子供の目や口に入らないよう注意してください。赤ちゃんやまだ小さい子供のうちは、ママの手に一旦虫除けスプレーを出してから塗ってあげるようにすると吸いこむ心配がありません。

虫除けスプレーと併せて、洋服に貼るシールタイプの虫除けや、腕につけるリングタイプの虫除けと併用するのもおすすめです。

■子供用の虫除けスプレーおすすめはコレ!

アロベビー 虫除け ミスト

●商品名:アロベビー UV&アウトドアミスト
●税込価格:2538円
●容量80ml

100%天然由来成分で処方されている安心&安全の赤ちゃん・小さな子供用虫除けミスト。新生児の赤ちゃんから使えます。

また、虫除けだけでなく、夏の子供の大敵「紫外線」対策として、UVカット成分も同時配合です。1本で2役、夏のアウトドアにとても便利なアイテムです。

3.汗はこまめに拭き、虫除けスプレーをこまめに塗り直す

当たり前のことのように聞こえますが、汗をこまめに拭くだけでも虫除け対策として効果があります。蚊は汗のにおいが大好きで、においに反応して寄ってきます。特に子供や赤ちゃんは体温が高くて汗っかきなので、夏場は特にびっしょりと汗をかきます。

また、汗と共に虫除けスプレーの効果が流れてしまうため、こまめに塗り直してあげると安心です。天然由来成分の虫除けスプレーであれば、虫が嫌うアロマ成分を使っているものが多いため、アロマの香りが薄れてきたと感じたら塗り直しの目処です。少なくとも2時間おきぐらいには塗ってあげると安心です。

4.水が溜まっている場所へのお出かけは避ける

蚊は水が溜まっていると、卵を産みつけて孵化します。外遊びをするときは、池など水の流れのない場所は避けるようにしましょう。

また、家のベランダやお庭、玄関先の空き缶やバケツ、植え木の受け皿などに水が溜まっていたら、ボウフラが湧いてしまわないように夏前に片付けておきましょう。

いかがでしたか。子供の虫除け対策にできることはいろいろな方法があります。今年の夏は、虫除け対策を万全にして、子供たちの楽しい夏休みの思い出づくりを手助けしてあげましょう。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊対策!赤ちゃん虫除けランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です