赤ちゃんがいても安心。天然アロマ虫除けスプレーを使ってゴキブリ対策!

湿気の多い日本の夏は、誰もが嫌うゴキブリが出現します。その姿を見ることなく夏を終えたいところですが、赤ちゃんやペットがいる家庭だと市販のゴキブリ殺虫剤を使うのは心配です。そんなゴキブリ対策には、天然アロマ精油を使った虫除けスプレーが効果的です!

赤ちゃんがいる家庭でのゴキブリ対策

赤ちゃん ペット

赤ちゃんや小さな子供、ペットがいる家庭では、衛生面からも害虫駆除は必須ですよね。日本のジメジメとした夏場はゴキブリが発生してしまうことがありますが、どのように対策をしていますか? バルサンなどの市販のゴキブリ殺虫剤は、赤ちゃんや子供の健康に影響がありそうで心配で使えません。安心&安全にゴキブリを退治できる方法をぜひ取り入れてみましょう。

※関連記事
赤ちゃんのいる家庭で殺虫剤を使う危険性と安全に殺虫剤を使うには

ゴキブリ対策の前に、ゴキブリが苦手なものをチェック!

ゴキブリ 対策 ハーブ

1. ハーブの香り

人間にとって心地良くリラックスした気分をもたらしてくれるハーブの香りは、実は人間以外の生き物にとっては苦手な香り。特に、ハッカやラベンダーなどの刺激的な匂いが苦手なようで、ゴキブリ以外の他の害虫を退治する効果もあります。しかし、甘いハーブの匂いは逆にゴキブリが寄ってくるため注意しましょう。

他には、ローズマリー、ミント、ラベンダー、ゼラニウム、ユーカリなどのハーブもゴキブリ対策には効果的です。独特の匂いを放つ、クローブとシナモンも害虫退治に人気。また、最もゴキブリ対策に効果があるといわれているのが、インド原産 イネ科のベチバーです。ゴキブリが苦手な土っぽい匂いで、もしかすると人間にとっても好みの分かれる特有の匂いかもしれません。

2. 柑橘系の香り

次に、ゴキブリが苦手とするのがオレンジやレモンなど柑橘類に含まれる「d-リモネン」という成分です。ゴキブリにレモン汁をかけるだけで体が麻痺するのだとか。台所用洗剤にオレンジやレモンの香りがするものを使用すると、シンクのゴキブリ対策としてぴったりです。

3. 塩

ゴキブリはまさに雑食で、塩以外のものは何でも食べてしまいます。塩であれば、台所や部屋の隅に置いてもゴキブリにとってエサにはならないため、予防線を張るための材料としてもってこいです。

4. 乾燥・低温・高温

ゴキブリは暑い時期に多く発生し、冬にはふと見かけなくなりますよね。それもそのはず。ゴキブリは寒い環境が苦手で、20℃以下では卵の孵化ができず摂食行動をしなくなるのです。逆に、50℃以上の高温にも弱いため、熱いお湯をかけることで殺虫することも可能。また、乾燥にも弱くて水がないと生きていけない種類のゴキブリもいます。

赤ちゃん用の天然アロマ虫除けスプレーはゴキブリ対策にもぴったり

ゴキブリ 対策 アロマ

赤ちゃんがいる家庭でおこなうゴキブリ対策、お部屋に殺虫成分の煙を充満させるタイプや殺虫剤スプレー、毒エサなどは、安全面からできれば避けたいですよね。そんな時に、ゴキブリ対策に使えるのが、赤ちゃん用の虫除けスプレーとしても広く使われる天然アロマ成分を使った虫除けですです。

ゴキブリの苦手なものを見てみると、意外にも赤ちゃん用虫除けスプレーに共通する部分があることに気が付きませんか? 赤ちゃん用の虫除けスプレーには、健康への安全性に考慮し赤ちゃんには使用が制限されている成分「ディート」は未配合である反面、虫が嫌う天然のアロマ成分が含まれています。例えば、レモングラスやゼラニウム、ユーカリ、シトロネラといったアロマ成分が含まれて虫除けスプレーが多いです。これらは、蚊などの虫だけでなく、ゴキブリも苦手とする匂い成分のため、赤ちゃん用の虫除けスプレーを網戸や水回りにシュッシュッと吹きかけておくと、ゴキブリ対策に効果的です。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊対策!赤ちゃん虫除けランキング

虫除けスプレーがなくてもOK!家庭でできるアロマを使ったゴキブリ対策方法

赤ちゃん用の虫除けスプレーは、肌にも直接使用できると共に、家の中のゴキブリ退治にも使えてとても便利です。しかし、天然のアロマ成分を使っているとなかなか高価になるのも事実。そこで、身近にあるものでゴキブリ退治ができる方法をご紹介します。

手作りハッカ油スプレー

赤ちゃんの虫除けとしても活用されているハッカ油スプレーですが、ゴキブリはこのハッカの香りが大嫌い! ハッカ油スプレーはゴキブリ対策にも効果的です。台所まわりを中心に、玄関やエアコンなど、ゴキブリが侵入しそうな場所にハッカ油と水を混ぜて作ったハッカ油スプレーを吹きかけると効果的ですよ。

レモン果汁でゴキブリ退治

レモン果汁を霧吹きに入れて、ゴキブリが出そうな所に吹きかけておくと効果的です。わざわざレモンを買わなくても、ポッカレモンで充分。ただし、レモン汁は樹脂を溶かしてまう性質があるので、家具やフローリングには使わないようにしましょう。夏場は、生ゴミ置き場に吹きかけると匂いも緩和されるのでおすすめです。

アロマを焚いて優雅にゴキブリ対策

アロマを焚いて、おしゃれにゴキブリ対策をおこなうのもおすすめ。その際、活用するアロマはローズマリー、ミント、ラベンダー、ゼラニウム、ユーカリなどがゴキブリの嫌う香りです。なお、100均ショップで売られているような安価なアロマオイルは水で薄められていたりと天然の精油でない場合が多いです。その場合、ゴキブリ対策としての効果はないため、高くとも天然のアロマ精油を使うようにしましょう。

盛り塩にアロマオイルを垂らす

日本ではお馴染みの盛り塩も、ゴキブリ対策に効果的です。盛り塩にアロマオイルを5~10滴ほど垂らし、ゴキブリが出そうなところに置いて侵入を防ぎます。アロマの香りが弱くなったら、再度盛り塩に垂らしてあげると再度効果が戻ります。

乾燥ハーブを置く

ミント系のハーブを乾燥させて、キッチンペーパーに包んだものを台所など、いろいろな場所に置くとゴキブリ対策になります。家庭菜園で育てたミントを活用するのもよいですね。

※関連記事
赤ちゃんに安心な虫除けと話題「アロマで虫除け」の方法とは?
赤ちゃんがいても安心!忌虫効果のあるハーブを使った虫除け対策まとめ

夏の天敵・ゴキブリ。ゴキブリに遭遇すると、殺虫剤で駆除するのが一般的ですが、赤ちゃんへの安心&安全が第一ですよね。事前に、赤ちゃんに害のない方法でゴキブリを対策して快適な夏を送りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です