赤ちゃんの公園デビュー!虫除けや日焼け止めなどのマストアイテム10選

これから赤ちゃんの公園デビューを迎えるママ・パパは楽しみな気持ちと少し不安な気持ちがあるのではないでしょうか。同じぐらいの月齢の子供と触れ合ったり、少し上の年齢の子供に遊んでもらえると、赤ちゃんの教育にもよさそうですよね。しかし、初めて公園に遊びに行く時、何を持っていけばよいのか迷ってしまいませんか? 赤ちゃんの虫刺されや日焼けもこわいし、飲み物はどうしたらよいのでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんの公園遊びに必要な持ち物をまとめました。

赤ちゃんの公園デビューはいつ頃?

赤ちゃん 公園

赤ちゃんの公園デビューは、みんな一体いつ頃に果たしているのでしょうか?

大半の赤ちゃんは、自分で歩けるようになり、滑り台などで遊べるようになった1歳頃に公園デビューを果たすそうです。お砂場で遊んだり、ブランコに乗ったり、滑り台を滑ったりと、見るものすべてが初めてなので、赤ちゃんも楽しんでくれることでしょう。

赤ちゃんが歩けるようになると、好奇心がますます強くなるので、お外遊びは赤ちゃんの脳にもよい刺激を与えます。ぜひ公園遊びを日課にしてあげたいですね。

赤ちゃんの公園デビューに準備しておきたいこと

赤ちゃんの公園デビュー、ママもなかなかドキドキしますよね。他のママ友と仲良くなれるかな、遊びの輪に入れてもらえるかな、などと考え出すと想像が膨らんで、緊張してしまうママもいるかもしれません。しかし、最初はみんな一緒です。赤ちゃんの公園デビューという同じ道をとおり、みんな公園でのお外遊びを日課にしているので心配はいりません。

公園デビューの事前準備として、ベビーカーでお散歩がてら公園に行ってみるとよいですよ。どんな年齢の子供がいるのか、ママ友グループはいるのかなど、チェックしておくとよいでしょう。お家の周りにいくつか公園があるようならば、いろいろと行ってみて、デビューしやすそうな公園から始めるのもよいかもしれません。

また、赤ちゃんと公園に行く時は、赤ちゃんの虫除けと日焼け止めを必ず忘れずに。特に春から秋にかけては紫外線が強く、公園は虫が多く発生します。少し様子を見るだけだからと、無防備な状態でうっかり公園に行ってしまって、結果的に赤ちゃんが虫刺されに遭ったり、日焼けしたりとお肌にダメージを与えては意味がありません。大切なのは、まずは赤ちゃんのことを第一に考えること。これを頭に入れて公園デビューを目指しましょう。

先輩ママに聞いた!赤ちゃんの公園遊びに必要な持ち物10選

赤ちゃん 公園

赤ちゃんの公園遊びには、万全の準備をしておくことをおすすめします。例えば、虫除けをせずに公園に行き、虫刺されに遭って後々とびひになって…などの事態は絶対に避けたいですよね。先輩ママたちの意見を聞き、公園遊びに持っていくと便利な持ち物をまとめました。

1.赤ちゃんの虫除け

お肌のデリケートな赤ちゃんは、虫刺されに遭うと、大きな刺激となって真っ赤に腫れあがることがあります。また、虫刺されを掻き壊してしまいとびひになってしまうことも。公園に遊びに行く前には、赤ちゃんのお肌にも使える虫除けを塗って、しっかり対策しましょう。もしも虫刺されに遭った際は、患部を水で洗った後、赤ちゃんにも使える虫刺されの薬を早めに塗ってあげてください。

赤ちゃん用の虫除けは、お肌への安全性を考慮し天然由来成分でつくられているものが多く、虫除け効果は長時間持続しにくい特性があります。こまめに塗り直し、汗をかいて流れているようであればお肌をやさしく拭き取ったのち、再度付け直してあげましょう。

※関連記事
赤ちゃんに虫除けは必須!赤ちゃん用虫除けスプレーで蚊の脅威から徹底ガード!
赤ちゃんの虫刺されに使う薬は?病院には行った方がよい?

2.赤ちゃんの日焼け止め

虫刺されと同様に、お肌がデリケートな赤ちゃんに日焼けは絶対避けたい肌トラブルです。赤ちゃん用の日焼け止めを塗って、紫外線の脅威からお肌を守ってあげましょう。

虫除けと併用する場合は、先に日焼け止めを塗ってから虫除けスプレーをしてあげると効果的です。最近では、公園遊びに欠かせない日焼け止めと虫除けが1本になっている便利グッズが出ているので、チェックしてみてください。

3.紙おむつ

おむつは公園に限らず、赤ちゃんとの外出に必需品です。ついつい夢中になって遊んでしまうため、近くの公園であっても紙おむつは多めに持っていきましょう。

4.着替え、帽子

小さい赤ちゃんでも、お砂場でどろんこになったり水遊びをしたりして汚れることがあります。着替えは念のため持ち歩くと便利です。また、帽子は日よけにもなり、明るい色の帽子を被っておくと虫除けの役割も果たしてくれます。黒い色のものに虫が寄ってくるので、明るい色の洋服や帽子を選ぶとよいですよ。

5.お菓子や飲み物

公園で夢中になって遊ぶと、赤ちゃんも喉が乾くので、お茶などの飲み物やミルク、おやつを用意しておくとよいです。また、赤ちゃんがぐずった時にも使えます。

6.絆創膏、消毒液

赤ちゃんの足元はまだまだ不安定です。公園ではしゃいで転ぶことも多くあるため、焦らなくてよいように、絆創膏や消毒液を持参しましょう。

7.お砂場道具

先輩ママから実際に役立ったという声が多いお砂場道具。お砂場で使える小さなスコップやバケツ、プリンなどの空き容器などが便利です。

8.ボール

赤ちゃんはボール遊びが大好きです。小さなボールや大きめのボール、いろいろ転がして遊びましょう。

9.レジャーシート

ちょっと休憩したい時やおむつを替えたい時など、レジャーシートを持参していると何かと便利です。

10.ビニール袋

何でも使えて持っていると便利なのが大きめのビニール袋。スーパーでもらったもので構いません。ゴミ袋にしたり、芝生に敷いて座ったり、落ち葉や木の実を赤ちゃんと拾って入れるのにも使えます。

このほかにも、ママの必需品は携帯電話。何かあった時の緊急時に必要ですし、ママ友ができた時に連絡先も交換できます。また、ママ用の水筒や大きめのバッグなど、ママも赤ちゃんとの公園遊びを楽しめるように準備しておきたいですね。赤ちゃんだけでなく、ママ自身も帽子を被って虫除けと日焼け対策を忘れずにおこないましょう。緊張の公園デビューを楽しめるように、準備万端で臨みましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です