赤ちゃんの夏のお出かけに必須な9つのママの持ち物|虫除け、帽子、靴下など

暑い夏の赤ちゃんとのお出かけ。外出先で赤ちゃんが暑くてぐずらないか、またバテてしまわないか、心配なことがたくさん。とは言っても、持ち物が多くなると無駄になってしまうことも。赤ちゃんとの夏のお出かけに必須な持ち物をまとめました。荷物を最小限にまとめたいママには、重要性の低い持ち物をご紹介しますのでご参考ください。

これだけは忘れないで!赤ちゃんの夏のお出かけ必須の持ち物

赤ちゃん お出かけ 持ち物

〇オムツとおしり拭き
赤ちゃんとの夏のお出かけにマストで必要な持ち物は、オムツとおしり拭き。おしりがかぶれやすい赤ちゃんの場合は、携帯ウォッシュレットを持ち歩くと良いでしょう。また、おしり拭きはオムツ替えの時だけでなく、汗を拭いたり手を拭いたりとあると何かと使えます。オムツはどうしてもかさばってしまうものの、思っているよりも多めに持っていくと安心です。夏には水分補給が必要です。

〇哺乳瓶、マグ、授乳ケープ
水やお茶を飲んでいる赤ちゃんであれば、哺乳瓶やマグに入れて持っていくと便利です。まだ母乳しか飲まない赤ちゃんには、ママの授乳ケープを持っていくとどこでも授乳することができます。

〇赤ちゃんの虫除け、日焼け止め
最後に、赤ちゃんと近所の公園に行く場合、長時間のお出かけをする場合は、虫除けと日焼け止めが必須。日よけのための帽子もあると良いでしょう。赤ちゃんは体温が高く、大人以上に虫が寄ってきます。虫除けのにはシールタイプのものやベビーカーに吊り下げるタイプのものがありますが、いずれもそれだけで虫除けができるとはかぎりません。赤ちゃんのお肌に直接塗れる虫除けと併用するようにしましょう。ベビーカーや抱っこひも、赤ちゃんの衣類・帽子などに虫除けスプレーをかけても効果があります。虫除けと日焼け止めが1本になった便利なアウトドアミストやクリームも発売されています。

当サイトでは、赤ちゃんに安心して使える虫除けを紹介しています。ぜひご参考ください。
赤ちゃんの虫除けで蚊を対策!赤ちゃんに安全な虫除けランキング

できれば持っていきたい、あると便利な持ち物

〇クーラー対策グッズ
ショッピングセンターなどの屋内の外出先では、上着や靴下があると重宝します。夏は暑いのでどうしても薄着で出かけがち。しかし、室内はクーラーが効いていて意外と寒く、体温調節の苦手な赤ちゃんは体調を崩しがちです。上着や靴下で体温調節してあげましょう。

〇抱っこひも
長時間のお出かけのときはベビーカーで外出することが多いですが、抱っこひもも一緒に持っていくと便利です。ベビーカーに乗せていてもどうしても泣き止まないときや、電車やエレベーターなどの狭い場所で抱っこしなければいけないとき、抱っこひもがあると両手が使えて便利です。

赤ちゃんのお出かけに必要のない持ち物

〇おもちゃ、絵本
新米ママの持ち物に入っていることが多く、お出かけにあまり必要のない持ち物は、赤ちゃんのおもちゃや絵本です。おもちゃや絵本が退屈しのぎになるのは生後半年前後からなので、特に生まれて間もない赤ちゃんの持ち物には必要ありません。

持ち物をコンパクトにまとめるコツ

お出かけ 持ち物 バッグ

お出かけの際の持ち物をコンパクトにまとめるには、カバンを工夫しましょう。ベビーカーでお出かけする際はベビーカーに引っ掛けられるトートバッグのような大き目のカバンが便利です。お財布などがカバンの中で行方不明にならないようにポケットがついているものが好ましいです。
また、派手目のポーチをいくつか用意し、オムツや哺乳瓶などよく使うものを小分けにしておくとわかりやすいです。
抱っこひもでお出かけする際は両手が使えるリュックがおすすめです。

持ち物と準備を万全にして夏のお出かけを楽しんで

赤ちゃん お出かけ 持ち物

赤ちゃんとの夏のお出かけに必要な持ち物をおさらいします。

  1. 多めのオムツ
  2. おしり拭き(携帯ウォッシュレット)
  3. お茶や水などを入れた水分補給ができる哺乳瓶
  4. 授乳ケープ
  5. 赤ちゃん用虫除けスプレー
  6. 赤ちゃん用日焼け止め
  7. 帽子
  8. 上着や靴下
  9. 抱っこひも

また、夏の屋外へのお出かけの際には赤ちゃんが脱水症状をしないように注意してあげましょう。屋内の場合は、クーラーの効き過ぎを考慮し、冷え対策の準備もしておいてください。

夏場は、特にタオルなどママ自身の持ち物も多くなるかもしれません。持ち物をできるだけすっきりと最小限にとどめて、快適に赤ちゃんとのお出かけを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です