赤ちゃんは虫刺されで熱が出やすい!?虫刺されで熱が出た時の正しい対処法

いくら赤ちゃんに虫除けをしっかりしていても、ママが気付いたら真っ赤に腫れあがっている虫刺されを発見!なんてことありますよね。赤ちゃんが虫刺されに遭うと、熱を持ってしまいがちです。今回は、赤ちゃんの虫刺されが熱を出す原因と、虫刺されで熱が出た時の対処法についてまとめました。

赤ちゃんと大人の虫刺されの症状が違うのはなぜ?

赤ちゃん 虫刺され

蚊やダニ、いろいろな害虫がいますが、大人は刺されても少しかゆみを感じて薬を塗れば大体の症状は治まります。しかし、赤ちゃんの虫刺されは真っ赤に腫れあがったり、ひどく痒がったりと症状がひどい気がしますよね。
それは、虫刺されの腫れの原因である、虫が人間を刺した時に注入する「唾液」に対して、赤ちゃんが抗体を持っていないから。蚊の唾液のアレルギー反応によって、人間の人間の皮膚は腫れたりかゆみを持ちますが、体内に存在しているアレルギー抗体によって症状をおさえてくれるのです。大人の場合は成長するにつれて、何度も虫刺されを経験しており、アレルギーに対しての抗体を持っている場合がほとんど。
赤ちゃんの場合、「虫刺され」自体の経験が少ないためアレルギー反応が遅く、刺されてから数時間以上も経ってから大きく腫れてくるのです。そのため、「いつの間に虫刺されに!?」と驚くママ・パパが多いそうです。
仮にママ・パパと同じタイミングで同じ虫に刺されたとしても、大人と赤ちゃんでは腫れの症状が違うということを覚えておくと良いでしょう。

赤ちゃんの虫刺されの発熱は蚊アレルギーの重症化

赤ちゃんが虫刺されに遭って皮膚がひどく腫れるのは、一種の蚊アレルギーに対する反応によるものです。アレルギーは、体内のアレルギーメーターが許容範囲を超えて振りきってしまった時、過剰に反応するもの。
そのため、しっかり虫除けはしていたけれど、レジャーに出かけた時に、赤ちゃんがたくさん虫刺されに遭うと、過剰なアレルギー反応が起きて熱が出る可能性も高まります。

また、蚊アレルギーの中で最も重症化する原因の1つになるのが「慢性活動性EBウイルス感染症」です。

慢性活動性EBウイルス感染症

EBウィルスは、大半の人が大人になるまでに抗体を持つウィルス。蚊の唾液を介して感染し、感染していても症状が出ない「不顕性感染」なので、本人も気づいていないことが多いのです。
このEBウィルスが、リンパ球の1つであるT細胞に持続して感染した時、脳炎や肺炎などのいろいろな症状を引き起こす場合があり「慢性活動性EBウイルス感染症」と呼ばれます。
慢性活動性EBウイルス感染症と蚊アレルギーの関連性は明らかではありませんが、慢性活動性EBウイルス感染症にかかっている時に蚊に刺されると、熱が出たりと言ったアレルギーの過剰反応が起きるのではないかと言われています。

赤ちゃんが虫刺されで熱が出た時の適切な処置

赤ちゃん 虫刺され 熱

赤ちゃんは、熱が出ても自分から「辛い」や「体が熱い」などの意思表示ができません。顔を真っ赤にしてぐったりしてしまうこともあるので、ママ・パパとしてはとても心配ですよね。
もしも、虫刺されで熱が出てしまった時は、まず腫れた部分(虫刺されの患部)を最優先で冷やしてください。冷たい水で濡らしたタオルでも良いですが、すぐにタオルが温まるようであれば、保冷剤や氷、アイスノンなどをタオルに包んで患部に当てましょう。そのまま患部を冷やし続けて刺激せずに安静にしていれば、赤ちゃんの熱は早くて翌日、遅くても数日中には下がることでしょう。

赤ちゃんは、もともと虫刺されで腫れやすく、熱が出てしまうのも体内に侵入してきた菌を撃退しようとして起こる自然な体の防御反応なので、珍しくはありません。虫刺されで熱が出ても、ママ・パパは慌てずしっかり様子を見てあげましょう。
また、もしも虫刺されで発熱のほか、嘔吐したり呼吸困難になったり腫れの患部が広範囲に渡っているなどの異変があれば、迷わずに病院を受診しましょう。

赤ちゃんが虫刺されで熱が出てしまうと、少しパニックになってしまいますが、慌てず冷静に対処することが大切です。100%完璧に虫除けをおこなうのはなかなか難しいため、赤ちゃん向けの虫除けスプレーを活用して、しっかり虫除け対策をしてあげましょう。今年の夏は、赤ちゃんの虫除けをばっちりおこなうと共に、虫刺されに遭っても冷静な対処で乗り切りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です