赤ちゃんが蚊にさされたらどうなる・どうする?蚊にさされたときの対処法

夏が近づいて来ると徐々に気になってくるのが、赤ちゃんの虫除け対策です。しかし、どんなに綿密に虫除けをしていても、どうしても蚊にさされてしまうこともありますよね。赤ちゃんが蚊にささされると、大人以上の症状が現れてしまいます。もしも赤ちゃんが蚊にさされたらどのような対処をするのが正解なのでしょうか?

赤ちゃんが蚊にさされたら…虫刺されの症状

赤ちゃん 蚊にさされたら

赤ちゃんが蚊にさされたら、個人差もありますが、大抵はさされた患部が5cmほど腫れあがり、患部周辺にしこりができて硬くなります。症状がひどいと水ぶくれができてしまうこともあります。
赤ちゃんが蚊にさされると、大人が思っている以上の症状が出てしまうため、一見どのような危険な虫にさされてしまったのかとママ・パパは心配になってしまいます。大人にとって単なる「蚊」による虫さされであっても、大きく腫れて炎症が出てしまうことがあることを知っておきましょう。

赤ちゃんが蚊にさされると症状がひどくなるのはなぜ?

赤ちゃんが蚊にさされたら、大人よりも反応するのが遅く、虫さされの1~2日後に腫れてくる場合が多いです。これは、赤ちゃんは産まれてから虫さされに遭った経験が少なく、体内に蚊に対する抗体がまだない状態です。さらに、赤ちゃんは大人よりも抵抗力が弱く、皮膚が大人に比べて柔らかく薄いため、大半の大人よりも過剰な炎症反応が出るのだとか。
このように聞くと、赤ちゃんが蚊にさされた場合の免疫をつくるためには「ある程度虫にさされておいた方が良いのでは?」と思ってしまいますが、これは成長と共に赤ちゃんにも抵抗力がついてくるので大丈夫。
それよりも、出来る限り虫さされに遭わずに赤ちゃんがつらい思いをしなくて良いように、ママ・パパが虫除け対策をしっかりしてあげることが大切なのです。

赤ちゃんが蚊にさされたら。やっておくべき対処法

赤ちゃん ママ 親子

どんなに虫除けをしっかりしていても、赤ちゃんが蚊にさされることがあります。そんな時は慌てないで、赤ちゃんが蚊にさされたあらすべき対処があります。ポイント別に見てみましょう。

1.蚊にさされたらとにかく清潔に

赤ちゃんが蚊にさされたら、まずは患部を流水で洗って清潔にします。虫刺されによる痒みを抑えるためにも、冷やすことは効果的です。これは大人が蚊に刺された時も同じなので、大人の場合においても取り入れてみると良いでしょう。

2.消毒

赤ちゃんが蚊にさされたら、その痒みに我慢できず掻き壊してしまいますよね。掻き壊さないようにすることも大切ですが、掻き壊した傷から雑菌が入って虫刺されが悪化するのを防ぐ必要があります。悪化するととびひになってしまうことがあるため、消毒剤を使って消毒をしましょう。その際は、赤ちゃん向けの「小児用マキロン」などを利用してください。

3.虫さされ用の薬を塗る

赤ちゃんが蚊にさされたら、清潔にした後に消毒をして患部に薬を塗ります。虫刺されの悪化と痒みを防止してあげましょう。「ムヒベビー」など赤ちゃんにも使える市販薬が売られています。またあまりにも患部が腫れていたり、水ぶくれがひどい場合は迷わず病院へ行きましょう。虫さされの症状に合わせて、ステロイド剤や保湿剤などを処方してくれます。

赤ちゃんが蚊にさされた際に気を付けたいのは、早め・早めの対処を心掛けることです。症状がひどくなる前に対処してあげることが、早期完治の秘訣です。

赤ちゃんが蚊にさされないように、虫除け対策を万全に!

赤ちゃん 虫除け

赤ちゃんを蚊と虫刺されから守るために、出来る限りの虫除け対策をしっかり行いましょう。赤ちゃんにも安全で効果的な虫除け対策をご紹介します。併用するとさらに虫除け効果がアップするため、ぜひ参考にしてください。

◎虫除けスプレー
赤ちゃん向けには、ディートが入っていない天然由来成分の虫除けスプレーが販売されています。中でも、天然由来成分100%のものを選べば、万が一赤ちゃんが虫除けスプレーを塗っている手を舐めてしまっても安心です。何よりも、赤ちゃんのお肌への負担も軽く済みます。オーガニック100%で作られているためか、赤ちゃん用虫除けには高価なものが多いですが、背に腹は代えられません。少しお値段が高めであっても、赤ちゃんには安全で良い成分の虫除けスプレーを使ってあげたいですね。

当サイトでは赤ちゃんに安心・安全な虫除けスプレーをご紹介しています。
※参考:赤ちゃんの虫除けで蚊を対策!赤ちゃんに安全な虫除けランキング

◎虫除けシール
赤ちゃんの場合、手が届くところに貼るとはがしてしまうので、洋服の背中部分やベビーカー、帽子などに貼っても良いかもしれません。虫除けシールの「スーッ」とした香りが虫除け効果を発揮するのだとか。

◎蚊帳
ここもと蚊帳へ再度注目が集まっているようです。ベビー用の蚊帳も多く売られているため、赤ちゃんのお昼寝の時にワンタッチのベビー用蚊帳を使用すれば邪魔になりません。パパ・ママと川の字で寝ている赤ちゃんの場合は3人がすっぽり入る蚊帳を使用するのも良いですが、赤ちゃんのお昼寝用にベビー蚊帳をひとつ買っておくと便利ですよ。

いかがでしたか? 赤ちゃんが蚊にさされたら、特に新米ママ・パパは焦ってしまいがち。大切なのは早めの対処と、症状がひどい場合には病院に連れていくことです。早め早めの対策が、赤ちゃんのお肌を守ってくれます。赤ちゃんの快適な夏のために、ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です