赤ちゃんのつらい「とびひ」ってどんな症状?赤ちゃんのとびひの症状と虫除け対策

赤ちゃんが虫に刺されさてしまうと、発症してしまう恐れのある「とびひ」。とびひは赤ちゃんにとってかゆみや痛みを感じるとてもつらい症状なのです。とびひを避けるためには、何よりも赤ちゃんの虫除け対策が必須。初めての夏を迎える赤ちゃんを持つママは必見です! 赤ちゃんのとびひと虫除けについてご紹介します。

赤ちゃんのとびひとは?

赤ちゃん とびひ 虫刺され

赤ちゃんが虫に刺されてかゆくなると、大人のように我慢することができず、思いのままに掻きむしってしまいますよね。皮膚を掻き壊すと傷となってしまい、血が出たりリンパ液が出てきてしまいます。その結果、「黄色ブドウ球菌」や「溶血性連鎖球菌(溶連菌)」といった細菌に感染し、全身に広がってしまう皮膚病が「とびひ」です。正式名称は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言いますが、まるで「飛び火」のようにあっと言う間に全身に広がるためとびひと呼ばれるようになりました。

とびひの原因である黄色ブドウ球菌と溶連菌は、もともと人間の身体にいる常在菌。しかし、肌のバリア機能がまだまだ未発達な赤ちゃんは、対抗する機能が弱くとびひにかかりやすいのです。とびひは感染力がとても強く、虫刺され以外にもあせもや他のケガによる傷からも感染します。夏は特にとびひにならないように、虫除け対策やあせも対策が重要です。

赤ちゃんのとびひが悪化すると深刻な病気になる可能性も

赤ちゃんがとびひになると、皮膚に水ぶくれができる「水疱性膿痂疹」と、かさぶたになってしまう「痂皮性膿痂疹」のどちらかの症状が出てきます。

前者の水疱性膿痂疹は、水ぶくれが膿んでしまい皮膚が破けて皮膚がただれてしまう症状です。かゆみが強く赤ちゃんは掻きむしってしまい、その細菌がついた手で体中を触ることでどんどんと広がっていきます。後者の痂皮性膿痂疹になると、赤く腫れ、炎症を起こして厚いかさぶたができてしまいます。リンパ節が腫れたり熱が出るなどの別の症状が現れることもあります。

また、赤ちゃんのとびひは、「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)」という病気を発症することがあります。ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)は、ブドウ球菌が傷口から血液に入り、全身に広がる病気です。高熱と共にお肌が真っ赤に腫れあがり、ヤケドのように皮膚が剥けてしまう症状が特徴。発症するととても強い痛みを伴うので、入院が必要な危険な病気なのです。

赤ちゃんのとびひの治療

赤ちゃんがとびひになってしまうと、軽度であれば抗菌剤や抗生物質の外用薬が処方され、患部に塗って対処します。しかし、とびひの症状がひどい場合は塗り薬と合わせて抗生物質の飲み薬が処方され、薬を併用して治療を行います。またかゆみがひどいとかゆみ止めの薬が処方され、症状が全身に広がるのを防ぎます。

医師に処方された薬を指示どおり使用していれば、3日前後で赤ちゃんのとびひの症状は治まります。一方で、とびひの感染力は本人以外にもおよぶほど大変強いので、特に小さな子どもの兄弟がいる場合は、一緒のタオルは使わない、とびひになっている赤ちゃんを同じお風呂にいれないなどの配慮が大切です。

また、とびひの元凶である黄色ブドウ球菌は鼻の中にたくさんいるので、鼻水などはガーゼでキレイにしておくなどのケアを習慣にしましょう。とびひの治療には症状を抑えるだけでなく、元凶になっている細菌を絶つことも大切。とびひは細菌が死んでいなければ再発するため、医師や病院に処方された薬は用法・容量を守って使い切りましょう。

赤ちゃんがとびひにならないように常にお肌を清潔に保つこと、そして夏場は虫除け対策がとても重要です。

赤ちゃんの虫除けはとっても重要

赤ちゃん 虫除け

赤ちゃんの虫刺され、たかが虫刺されとあなどれません。重症な病気や症状を起こしかねないとびひにまで悪化してしまう可能性があります。春先から秋までの虫が増える季節に、取り入れてほしい赤ちゃんの虫除け対策をまとめました。

1.お肌の露出は控える

猛暑日続きの暑い日本の夏季には、赤ちゃんにも快適に過ごしてしまうために半袖・半ズボンなどの軽装にしてしまいがち。しかし、山や公園など虫が多い場所に行く時には、虫に刺される危険性が一気に高まります。まずは赤ちゃんの洋服から虫除け対策をすることが重要です。
通気性が良く、汗を吸収してもすぐに乾く素材の長袖・長ズボンがおすすめ。また、黒っぽい色の洋服は虫が寄ってきやすいので、明るい色の洋服を心掛け、帽子を被せてあくと日焼け対策にもなりますし、虫除けにもなるので一石二鳥です。

2.汗はこまめに拭く

虫たちは人間の汗の臭いで寄ってくると言われています。体温が高く汗っかきな赤ちゃんには、汗をかいたらこまめに拭き取ってあげるだけでも虫除け対策になります。
長時間のお出かけや夏のレジャーでは、特に汗びっしょりになることが多いので、着替えを持っていくと良いでしょう。汗をかいた服のままでいるよりも、汗を拭いて新しい洋服に着替えた方が、虫除け効果もアップします。

3.赤ちゃん用虫除けスプレー

虫除け対策には、赤ちゃん専用の虫除けスプレーがおすすめです。その際、赤ちゃんや妊婦さんには虫除けスプレーに含まれる殺虫成分「ディート」は有毒です。ディート不使用で天然由来成分で作られているオーガニック虫除けスプレーを選ぶようにしましょう。
赤ちゃん用の虫除けスプレーは優しい成分でつくられている分、虫除け効果の「持ち」が短いため、こまめに塗り直すことも大切です。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除けランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です