赤ちゃんの虫除け体験談|夏でも長袖長ズボン肌の露出を減らして虫除け対策

春から秋にかけてどうしても気になるのが赤ちゃんの虫刺され。ひどくなると「とびひ」などの危険もあるため、しっかり予防をしてあげたいけれど、私も「赤ちゃんに虫除けって大丈夫?」と心配になりネットなどでたくさん調べた経験があります。そんな私の体験談や知り合いのママたちの中で好評だった虫除けアイテムなどを紹介します。私も知らなかった赤ちゃんの虫除けグッズや対策方法もあったりしてびっくりしました! 皆さんもぜひ知っておいてくださいね☆

赤ちゃんの虫刺されは大きく腫れ上がってしまい・・

赤ちゃん 虫刺され

我が家の赤ちゃんは、特に虫刺されが真っ赤になる体質だったようで、虫に刺された箇所が真っ赤に大きく腫れ上がっていました。夏の暑い時期は汗もかいていたことから、多数蚊に刺されてしまい体中が虫刺されに。「体中こんなに蚊に刺されて大丈夫・・?」と心配に思うほどでした。

我が家の赤ちゃんに使った虫除けグッズ

赤ちゃん 虫除け 日焼け止め
※画像:100%オーガニックの虫除け「アロベビー UV&アウトドアミスト」

オーガニック虫除けスプレー

多くのママたちが「赤ちゃんに虫除けは使えない」と思っているようですが、最近では赤ちゃん用の虫除けスプレーや虫除けグッズが販売されているのをご存知でしょうか? ドラッグストアで売っているような、市販の大人用虫除けスプレーを使うのは危険だと聞いていたので、子供用のオーガニック虫除けスプレーをインターネットで購入しました。

また100均などで売っている虫除けシールや虫よけリングなども、赤ちゃんの頃には少し抵抗がありましたが、子供が少し大きくなると使っていました。

部屋の虫除けスプレー

まずは蚊を部屋に入れないようにしなければと思い、部屋に「シュっ」とするタイプの虫除けを使用しました。これは販売店さんの話を聞くと、人体に無害なものでできているので、赤ちゃんのいる空間で使っても安心だと言っていたので安心して使用していました。
しかし、電気タイプの虫除けなど、赤ちゃんや妊婦にはあまりよくないものがあるようなので、成分を確認したり販売員の説明を聞いてから購入することをおすすめします。

「そんなことも虫除け対策に!?」ママ友に教わった虫除け

赤ちゃん 虫除け

夏でも長袖長ズボン

知り合いのママ友と公園で遊ぶことになり、公園で待ち合わせをしました。すると、ママ友の赤ちゃんは長袖長ズボンを着ていました。
「この暑いのになぜ…」と思ったのですが、蚊に刺されないためにとても有効な方法であることを、後々知りました。

赤ちゃんが汗をかいたらこまめに着替えることはもちろん、肌の露出を控え、虫に刺される範囲を狭めることが大切。衣服の工夫次第でも、簡単に虫除けができるとはびっくりしました。

赤ちゃんに安全な手作り虫除け

私が教えてもらった方法の中で、手作りの安全な虫除けスプレーを作っているママがいました。
赤ちゃんに安全も虫除けを使いたいけれど、少しでも安くしたい…。そんなママが作っていたのはハッカ油と無水エタノールを使った虫除け。水と赤ちゃんに安全なものだけで作った自家製の虫除けだそうです。

安全とは言っても心配な人は、赤ちゃんの肌に直接でなく、ベビーカーや洋服、帽子や靴などに吹きかけるだけでも効果があるそうです。

実際私もハッカ油スプレーを作ってみると、ちゃんと虫除け効果もありコストパフォーマンスも良いうえ、自分の必要な分だけ作って持ち歩けるので効果的だと思いました。

※参考:赤ちゃんにも安心なハッカ油スプレーの作り方

赤ちゃんは自分で虫刺されを訴えられない!ママ&パパが守ってあげて

赤ちゃん 虫除け

赤ちゃんは「かゆい」「痛い」などお話することができません。
できれば薬は使いたくないけれど、自然の力にはなかなか叶いませんよね。

お肌の露出を減らすことやオーガニック虫除けスプレー、手作りの虫除けなど、赤ちゃんに少しでも安全な方法で虫除けをしてあげることで不快感を減らしてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です