赤ちゃんの虫刺されの腫れは放っておいて大丈夫?腫れの原因と対処法

赤ちゃんの虫刺されが大きく腫れあがっていて焦ってしまった経験はありませんか? 赤ちゃんの虫刺されの患部が腫れるのには、大人とは違う原因によるものがあります。今回は、赤ちゃんの虫刺されの腫れの原因や治療法についてまとめました。

赤ちゃんの虫刺されが腫れるのは何故?

赤ちゃん 虫刺され 腫れ

大人の虫刺されはそこまで腫れあがったりしないのに、赤ちゃんが虫に刺されると大人よりもひどく腫れてしまいます。これは、アレルギー反応の違いによるものが大きいです。

例えば、蚊に刺されると痒くなったり腫れたりしますが、これは虫が刺した時に人間に注入する唾液の成分にアレルギー反応を起こすことが原因です。
このアレルギー反応は、体内に備わっているアレルギー抗体により、反応の程度や時間も人によって異なります。

大人の場合、生まれてから今までに何度も何度も虫刺されを経験しているため、ほとんどの人がアレルギーに対する抗体を持っています。虫刺されの後すぐに痒くなりますが、腫れあがることはなく数時間で痒みも治まります。
しかし、赤ちゃんの場合には虫刺されの経験がまだあまりないために、アレルギー反応が遅く、刺されてから数時間以上経過した後に腫れてきます。
このような赤ちゃん特有の腫れ方を見て、変な毒虫の虫刺されかと思いびっくりするママやパパが多いようですが、大人と赤ちゃんでは全然違うことを覚えておくと良いかもしれません。

また、赤ちゃんや子供のまぶたが酷く腫れることがありますが、この場合も大半が蚊による虫刺されであることが多いです。
まぶたは皮膚が薄いので特に腫れやすい場所。他にひどく痛がったり、発熱などの症状が見られなければ、様子を見てみましょう。

まずは虫に刺されないように虫除け対策も万全にしてあげることも大切です。

赤ちゃんの虫刺されの腫れは病気を引き起こすことも

虫刺されで患部が酷く腫れあがっている場合、その腫れの原因はアレルギー反応によるもの。
アレルギー反応が過剰に現れると、もっとひどく腫れあがったり水ぶくれになる、熱が出ると言った症状が出ることもあります。
またアレルギーは許容範囲以上の刺激がある時に過剰反応を示すものなので、山や公園で一度にたくさんの虫刺されにあった時は注意しましょう。

蚊に刺された場合のアレルギーがひどくなる原因の1つとして、「慢性活動性EBウイルス感染症」の可能性があります。
このEBウィルスは、大半の人が大人になるまでの間で抗体を持つことができるウィルスで、唾液を媒介して気付かぬうちに感染します。
このEBウィルスがリンパ球の1つであるT細胞に持続感染した場合、肺炎や脳炎などの症状を引き起こすことがあり、これを「慢性活動性EBウイルス感染症」と呼びます。
虫除けで予防することは、このような重篤な病気を予防することにもなるので、デリケートな赤ちゃんには必ず行ってあげましょう。

赤ちゃんの虫刺されで腫れている場合の対処法

赤ちゃん 虫刺され

万全に虫除け対策をしていたのに虫刺されで腫れてしまった、そんな時は早めに正しいケアをすることが重要です。ポイント別にご紹介します。

1.最初に洗い流す

お出かけ中に赤ちゃんが虫に刺されてしまった場合は、トイレや水飲み場など、とにかく水のある場所を探して虫刺されの箇所を洗い流しましょう。
水場が見つからない時はミネラルウォーターがあればそれでもOKです。水がない場合は麦茶などでも構いません。

虫刺されの箇所についている蚊のバイ菌を落とすことが大切なので、なるべく早く水で洗い流しましょう。
その際は、きちんと水気を拭いて、虫除けを取り塗り直すことも忘れずに行いましょう。

2.出来れば冷やす

お出かけ先ではなかなか難しいかもしれませんが、虫刺されの箇所を「冷やす」のも効果的です。3~5分で十分ですので、虫刺されの患部を冷やすことで腫れを引かせるのに有効です。冷やすことで皮膚の感覚が鈍くなり、痒みも減ると共に腫れも出にくくなるのです。
保冷剤があれば保冷剤で、持っていなければ冷たい飲み物など冷やせるもので構いません。

3.逆に温めるのも有効

温めると痒みが増しそうなイメージがありますが、冷やすのと同様に皮膚感覚が鈍くなるので、腫れや痒みが出にくくなります。
例えば、缶コーヒーなどで十分なので、やけどに注意しながら対処すると良いでしょう。

冷やすのと温めるのはどちらも皮膚感覚は鈍くなりますが、冷やす方が効果的のため、もしも温かいものをたまたま持っていた時にはまず温めると良いかもしれません。

4.痒みや炎症を抑える薬を塗る

あまりにも痒みや腫れがひどい場合は、薬を使用する場合も。蚊に刺されてすぐに痒くなるようであれば、痒み止め成分であるヒスタミン剤が有効。化膿してしまった時には抗菌剤を使用し、アレルギー症状がひどい時にはステロイド薬が良いですが、抗菌剤やステロイド薬は自己判断での使用は危険です。必ず病院を受診し、医師の指示のもとで使用しましょう。

強い薬を使用しなくても済むように虫除け対策が大切です。

5.赤ちゃんが虫刺されを掻けないようにする

赤ちゃんは痒みを我慢ができないので、虫刺されがあれば掻きます。しかし、掻いてしまうと余計に腫れますし、掻き壊したところから細菌が入ると「とびひ」にもなり兼ねません。

赤ちゃんにかかせないのは至難の業ですが、例えば「痒み止めパッチ」などのシールタイプのものを貼り、かけないように塞ぐのも手。赤ちゃんの月齢が低ければ低いほど、かかないようにする対策は重要です。

6.虫刺されは皮膚科を受診

赤ちゃんの場合、皮膚疾患を小児科に連れていくか皮膚科に連れていくか迷う人も多いかもしれません。ひどく痒がっている時は赤ちゃんでも皮膚科を受診し、虫刺されの腫れにぴったりの薬を処方してもらうのがおすすめです。

いかがでしたか? 赤ちゃんの虫刺されは本当にひどく腫れあがってしまうことがあるので、まずは、虫除け対策を万全にすることが重要です。虫刺されは、重篤な皮膚疾患を招く原因にもなり兼ねません。虫除け対策は、赤ちゃん用の虫除けスプレーや虫除けシートを使ったり、洋服を長袖に工夫するなど、状況に応じて使い分けると良いでしょう。また、ベビーカーでのお出かけが多い赤ちゃんは、ベビーカーにつけるタイプの虫除けをぶら下げておくと、虫除け効果が倍増します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

※関連記事
赤ちゃんの顔の虫刺されは大きく腫れてしまう!症状と対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です