赤ちゃんの虫除け選びを間違えると影響はある?正しい選び方とは?

暖かい季節になると赤ちゃんとのお出かけも楽しくなりますよね。その際に欠かせないものといえば、虫除けです。しかし、虫除けは成分によって、赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうことも…。そこで今回は、赤ちゃんの虫除けの選び方や使い方、影響についてご紹介します。

赤ちゃんに虫除けが与える影響や必要性とは?

赤ちゃん 夜 睡眠

暖かくなると悩まされるのが虫刺されです。

大人でも嫌な虫刺されですが、対策として赤ちゃんに虫除け剤は使用してもいいのでしょうか。何か影響はあるのでしょうか?

新陳代謝の活発な赤ちゃんは、虫を引き寄せやすく、刺されやすいです。お肌もデリケートなので、虫に刺されると大人以上に赤く腫れたり、水ぶくれになることも…。

そのため、赤ちゃんと外出する際には、虫除け対策は必須です!様々なメーカーから虫除けが販売されていますが、できるだけ赤ちゃんに影響が少ない虫除けを選びましょう。

効果が高すぎる虫除けには、赤ちゃんの体に悪影響を与える成分を含むものもあります。虫除けを選ぶ際には、成分表記を確認して、悪い影響の無い製品を見極めることが大切です。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除け8選

赤ちゃんの虫除けには悪影響をもたらす成分がある?

赤ちゃん

赤ちゃんに悪影響を与える虫除けの成分があるのを知っていますか?

強い効果のあるディートという成分は、蚊やダニなど吸血タイプの虫に対して特に高い効果を発揮する成分で、安価なため世界中で使用されています。

確かに効果は高いものの、ディートは赤ちゃんに対しては悪影響があるとされています。

ディートは虫除けとしてとても効果が高いため、さまざまな虫除け剤に利用されています。

使用方法や年齢によっては、健康に影響を与えたり、使用した子供が痙攣を起こしたり、異常行動が起きたりする例が報告されています。

また、ディート濃度の高いスプレーでは、使用部位にほてりや水泡などの影響が出た例の報告もあります。

そのため、お肌の弱い赤ちゃんには特に注意が必要です。また、誤飲の危険もありますので、虫除けは子供の手の届かないところに置きましょう。

※関連記事
赤ちゃんに危険な虫除けの成分「ディート」って何?

赤ちゃんに悪い影響がない虫除けってどんなもの?

赤ちゃん ママ

虫除け効果があって、赤ちゃんに使用しても悪影響のない虫除けはあるのでしょうか?ここでは、赤ちゃんの虫刺され対策に使用したい、安全な虫除け剤の選び方や、使い方についてご紹介します。

安全な虫除けの選び方

赤ちゃんに影響の少ないおすすめの商品は、天然由来の精油や成分を使用した虫除け剤です。

たとえばハッカ油は虫が嫌う匂いを発するもので、天然成分なので人体に影響がありません。

天然由来の成分を主成分にした虫除け製品であれば、赤ちゃんにも安心して使用できます。

また、ハーブや精油から虫除けスプレーを手作りすることもできるので、チャレンジしてみてもいいかもしれません。

※関連記事
虫除け効果のある植物・ハーブ8選。赤ちゃんがいる家庭におすすめ

安全な虫除けの使い方

虫除けを使用するときには、必ず使用上の注意を守って使用しましょう。

特に子供用の場合は、一日何回まで使用可能と回数が決まっている虫除けもあります。

用法と容量をきちんと守って使用すれば、基本的に悪影響はないはずなので、必ず指示された使い方を守るようにしましょう。

赤ちゃんに悪い影響のない虫除けを使ってお出かけを楽しもう!

赤ちゃん ママ

大人には安全でも、体が小さく肌の弱い赤ちゃんにとっては、危険な成分の含まれていることもある虫除け。

虫除けを選ぶ際には、その成分に注意して安全な物を選んであげましょう。

赤ちゃんに影響の少ない成分の虫除けでしっかりと虫刺され対策を行って、赤ちゃんとのお出かけを楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です