赤ちゃんが虫に刺されるとどうなる? 赤ちゃんの虫刺されの症状

暖かくなり夏に向けていろいろな虫が活発に活動を始めます。そこで気を付けたいのが赤ちゃんの虫刺され。冬に生まれた赤ちゃんの場合は、初めての夏を経験することになるため、虫刺されがどんな症状になってしまうのかはわからないですよね。今回は、ぜひ知ってもらいたい赤ちゃんの虫刺されの症状、虫除けの重要性についてまとめました。

赤ちゃんは大人よりも虫に刺されやすい

赤ちゃん 虫刺され

「赤ちゃんや小さな子どもは虫に刺されやすい」と聞いたことはありませんか? これは実際に本当の話です。赤ちゃんが大人よりも虫に刺されやすいのは、新陳代謝が盛んで汗もたくさんかくため。呼吸が早いことで多くの炭酸ガスを発しており、虫をおびき寄せやすいのだとか。

そんな赤ちゃんのお肌は薄くてとてもデリケート。免疫力がまだまだ未熟で、少しの刺激で赤くなってしまいます。そのため虫刺されによって、赤ちゃんの皮膚は強いかゆみや痛みを伴う激しい炎症を起こすことがあります。

大人よりもつらい!赤ちゃんの虫刺されの症状とは!?

赤ちゃん 虫刺され

大人の虫刺されの場合は、虫に刺されて間もなくひどいかゆみを感じ始めるものの、ひどくなければ1~2時間ほどで治まります。大人と同じように小さな虫に刺されてもかゆみ症状を感じるだけ、なんて虫刺されを甘く見ていると、赤ちゃんにはとんでもない症状が現れることがあります。

赤ちゃんは虫刺されのかゆみを我慢できない

虫刺されは、何よりもあのひどいかゆみが我慢し難いですよね。大人でもつらいかゆみを感じるので、赤ちゃんや子供は虫刺されのかゆみを我慢できず、思いのままに掻きむしってしまいます。
昼間であればママがまだ気を遣っていられますが、就寝後や用事がある時は四六時中見てあげることは難しいもの。
感情に素直な赤ちゃんは、寝ている間に血が出るほど掻き壊してしまうことがあります。掻き壊してしまった箇所から万が一細菌が入ると炎症を起こしてしまうことも。ひどい場合は、膿んでしまい大きくパンパンに腫れあがったりします。虫刺されの部位が、熱を持ったり硬くしこりのようになることだってあるのです。
このように、赤ちゃんの虫刺されはつらいかゆみに加えて、痛みまでプラスされてしまいます。

赤ちゃんの虫刺されは「とびひ」になってしまう

また赤ちゃんの虫刺されは、掻き壊した傷口から黄色ブドウ球菌が侵入し「とびひ」を引き起こすことがあります。
人間の鼻に常在している黄色ブドウ球菌は、本来悪い菌ではありませんが、傷口に付着することでとびひを招いてしまうのです。虫刺されがとびひに進行してしまうと、強いかゆみを伴った水ぶくれが発生します。この水ぶくれの中に入っている感染力の強い浸出液が症状悪化の原因。水ぶくれを掻き壊した手で他の部位を触ることで、どんどん全身に感染しとびひを広げてしまうことになるのです。とびひの感染力はとても強いため、きちんとした対処をしなければ、赤ちゃん以外の家族にもうつってしまうことがあるため注意が必要です。
また、とびひの症状がひどくなると、水ぶくれから膿みを持つ膿胞ができることがあります。これはジュクジュクして痛みが伴うため、赤ちゃんにとってもとてもつらい症状です。
とびひになってしまった場合は、水ぶくれを発見したら、ガーゼなどで患部を覆って皮膚科を受診するようにしましょう。

※関連記事
赤ちゃんのつらい「とびひ」ってどんな症状?赤ちゃんのとびひの症状と虫除け対策

つらい虫刺されの予防には虫除け対策を徹底!

赤ちゃん 虫除け

大人よりもつらい虫刺されの症状で赤ちゃんが苦しまないように、まずはママやパパが虫除け対策を徹底してあげることが重要です。

1.お家に赤ちゃんにも安全な設置型の虫除けを置く

虫除けの基本は、まずは赤ちゃんの周りの環境を整えてあげましょう。
お家にいるときは、網戸を閉めて赤ちゃんにも安全な設置型の虫除けを吊るしたり置いておくと良いでしょう。本格的に虫が増える季節になる前に、網戸に虫が侵入できるような網目ないか、隙間がないかもチェックしておきましょう。今は網戸に吹きかけるタイプの虫除けスプレーも発売されているため、併用すると虫除け効果がさらにアップします。
また、お家の近所に水が溜まりやすい場所(水の流れがあまりない側溝や植木鉢の水受け皿など)があると、ボウフラが湧いて夏には蚊が大量発生してしまうこともあります。注意してチェックしてみましょう。

2.赤ちゃんのお肌にも虫除けスプレーを

赤ちゃんのデリケートなお肌に、余計なものは塗りたくないというママも多いですよね。しかし、何もしない方がかえって虫刺されにおびやかされたりと、赤ちゃんが危険にさらされてしまうのです。
また、赤ちゃんにも安全な天然由来の成分で作られた虫除けが豊富に揃っています。

赤ちゃんにも安全な虫除けの選び方

  • ディート(合成殺虫成分)の配合されていない天然アロマの虫除けを。
  • 虫除けスプレーは赤ちゃんが吸いこむ危険性のないノンガスタイプを。
  • 赤ちゃんの虫除けは、スプレータイプ、ミストタイプ、ジェルタイプ、シートタイプがあるので、使い分けると便利。
  • 心配なママは赤ちゃんの服の上からかける虫除けスプレーも。

赤ちゃんとお出かけの時には、虫除けを塗る以外にも、お肌が直接露出しないように衣服に気を付けたり、虫が多くいるような雑草がたくさん生えている場所や水場の近くは近寄らないようにするなどの対策も大切です。

※関連記事
赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を対策!赤ちゃん虫除け8選

いかがでしたか? 虫刺されを完全に防ぐのは正直難しい部分があります。一方で虫除け対策をするのとしないのでは、赤ちゃんが危険にさらされる度合に大きく差が生じてきます。蚊は重症な病気を媒介する危険もささやかれていますので、しっかりで虫除け対策をして、大切な赤ちゃんのお肌を優しく育んであげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です