赤ちゃんに虫除けは必須!赤ちゃん用虫除けスプレーで蚊の脅威から徹底ガード!

赤ちゃんとのお出かけが楽しい夏! いろいろなところへ連れて行ってあげたいですよね。そこで心配なのが虫刺され。「虫刺されぐらい平気でしょ?」は大間違い! 赤ちゃんの虫除けは春から夏にかけて必須です。赤ちゃんが蚊に刺されるととびひや水ぶくれなどの重症になってしまうことも。しっかり虫除け対策をしてあげて赤ちゃんを守ってあげることが大切です。赤ちゃんにも安心して使える安全な虫除けをランキングで紹介します!

赤ちゃんが蚊に刺されるのは危険!

赤ちゃん 虫除け 虫刺され 蚊

夏が近づいてくると蚊や虫たちの活動が活発になります。そこで気になるのが赤ちゃんの虫刺され

私たち大人は全然刺されていないのに、なぜか赤ちゃんばかりが蚊に刺されてしまう…なんて経験をしたことがあるかもしれません。赤ちゃんは体温が高く、新陳代謝が活発で汗っかき。そのうえ皮膚が柔らかいので、大人よりも蚊に刺されやすい特徴を持っています。

そうは言っても、「たかが虫刺され」と油断していませんか? 大人の場合は蚊に刺されても少しかゆみを我慢すれば、しばらく放っておくと自然に治っていきますよね。一方で、赤ちゃんが蚊に刺されると、かゆみだけでなく実は重症な病気に繋がってしまう危険があるのです!

赤ちゃんの虫刺されの症状

1.腫れ

赤ちゃんは虫刺されの経験が少なく、体に抗体ができていません。蚊にさされてしまうと大きく炎症を起こします。また赤ちゃんの皮膚は薄くて柔らかいので、虫刺されは大げさなくらいに赤くポンポンに腫れてしまいます。

2.かゆみ

赤ちゃんも大人も、蚊にさされると一番つらいのがかゆみですよね。赤ちゃんは大人と違ってかゆみを我慢できません。血がにじむまで掻き壊してしまうことがあるのです。掻き壊すことでお肌にあとがのことってしまうことも。

3.水ぶくれ

赤ちゃんの虫刺されによる水ぶくれには2つの原因があります。1つは赤ちゃんが刺された箇所を掻きむしってしまうことで水ぶくれになってしまうもの。もう1つは、蚊の唾液に赤ちゃんがアレルギーを起こしている場合です。蚊に刺されると決まっていつも水ぶくれをつくってしまう赤ちゃんは、蚊のアレルギーを持っている可能性が高いです。

4.とびひ

虫刺されによってできた水ぶくれの中には、とびひを起こす感染力の強い細菌が含まれています。水ぶくれを潰してしまい細菌の付いた手で皮膚を触ることで、他の部分にとびひが広がってしまいます。とびひは一緒に暮らす小さな兄弟たちにも汗腺してしまう危険があります。

※当サイトでは赤ちゃんの虫刺されの症状を詳しく説明しています。ご参考ください。

赤ちゃんに安全な虫除けで蚊を撃退!

赤ちゃん 虫除け 蚊

赤ちゃんを危険な蚊・虫刺されから守るためには、虫除けが必須です! けれどもママ・パパが心配なのが、「赤ちゃんにも虫除けって使って良いの?」ということ。

もちろん、大人と同じ虫除けを赤ちゃんに使うのは危険です。赤ちゃんにも安心な虫除けを使って、蚊の脅威から守ってあげましょう!

ディートが入っている大人用虫除けは赤ちゃんには使わないで!

薬局やコンビニなどで売っている、一般的な虫除けには、「ディート」という化学成分が含まれています。ディートは虫除け効果がとても高く、さらに原価が安価なこともあり、広く使われる虫除けには欠かせない成分です。
しかし、ディートは殺虫能力はないものの蚊や虫の神経を麻痺させるような忌避剤、そんな成分がまだまだ発達が未熟な赤ちゃんに何の影響もないはずがありません。ディート配合製品に関して、各国さまざまな取り決めがありますが、日本においては厚生労働省より、ディートを含む虫除けなどの医薬品及び医薬部外品に関して、乳幼児への使用に制限がされています。

【ディートを含む虫除けスプレーの注意書き(一例抜粋)】

  • 6か月未満の乳児には使用しないこと。
  • 6か月以上2歳未満は、1日1回
  • 2歳以上12歳未満は、1日1~3回

※参考文献:厚生労働省「ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に関する安全対策について」

このように、ディートの安全性が不確かであるため、赤ちゃんへの影響を考慮し、赤ちゃんにはディート不使用の虫除けを使いましょう!

蚊は天然アロマが大嫌い

蚊などの虫たちは、アロマの香り成分がとても苦手。アロマの種類によって効果は異なりますが、おもにレモングラスやローズマリー、セイヨウハッカなどが害虫対策として効果があるとされています。天然のエッセンシャルアロマオイルを使った虫除けスプレーであれば、赤ちゃんにも安全。自宅で虫が嫌うアロマを焚いたり、ハーブを置いても虫除け効果があります。

赤ちゃんに安全な虫除けランキング

※ランキング基準:
赤ちゃんから使える虫除けを次のような基準で採点しました。各5点満点。

【虫除けデータ】
赤ちゃんへの安心度 ★★★★★
虫除け効果 ★★★★★
使い心地・使いやすさ ★★★★★

第1位 アロベビー UV&アウトドアミスト

赤ちゃん 虫除け アロベビー

価格:
2250 円(税抜)
容量:
80ml

〇1本で虫除けと日焼け止めの2役をこなす便利アイテム!

特におすすめしたい赤ちゃんの虫除けランキング第1位は「アロベビー UV&アウトドアミスト」。何と言っても、虫除け日焼け止め効果の1本で2役をこなす便利グッズ。これ1本で赤ちゃんの夏のアウトドア対策ができちゃいます! ミストタイプなので塗り直しがしやすく、持ち運びに便利です。

〇国産の100%天然由来成分でできた虫除け

もともとアロベビーは、国産の“オーガニック成分”にこだわったベビースキンケアブランド。その分、赤ちゃんへのやさしさと安全性を第一に、徹底的にこだわって製品づくりをしています。100%天然由来成分、赤ちゃんに有害なディート(有害な殺虫成分)や紫外線吸収剤(発がん性もある日焼け止め成分)は一切含まれていません。他の虫除けは生後6ヶ月以降の赤ちゃんからの使用が勧められている中、このアロベビーの虫除けは産まれてすぐの新生児から使える虫除けスプレーという、安心・安全な製品です。

〇アロマ成分がよい香りで赤ちゃんも嫌がりません

虫が嫌う天然のアロマを配合していて、さわやかな柑橘系が赤ちゃんも心地よく感じてくれます。なお、天然アロマは汗に弱いのが惜しい点かもしれません。こまめに塗り直してあげるのが虫除け効果を持続させるポイントです。お湯で簡単に落とせるので、お肌にやさしく使い勝手がよいところもおすすめ。

【虫除けデータ】
赤ちゃんへの安心度 ★★★★★
虫除け効果 ★★★★☆
使い心地・使いやすさ ★★★★★

赤ちゃん 日焼け止め アロベビー バナー

≪UV&アウトドアミストの口コミ評価をチェック!≫

口コミ1:肌が弱い息子たちのために購入しました。オーガニックで虫除けと日焼け止めが一緒になっている便利さから、夏のシーズンには手放せません!簡単に洗い流せる安心感もあって良いです。

口コミ2:日焼け止めと虫除けが一緒にできるのが手軽で良いです。塗るのを嫌がる子供でも時間が掛からないのでぐずる前に塗り終わります。スプレータイプの虫除けなのでさらっとスーっと伸びて塗りやすく、白浮きも多少ありますがそんなに気にならない程度です。

口コミ3:虫除けと日焼け止めもアロベビーでそれぞれ単品で購入しましたが、帰省で飛行機に乗るので荷物が少なくなるようにと思い、こちらも購入しました。ドラックストアの赤ちゃん用の虫除けや日焼け止めに息子はかぶれてしまいましたが、これは大丈夫でした。

口コミ4:2歳の娘のために購入しました!日焼け止めと虫除けが1本で済むのはとても助かります!匂いも良い匂いで、嫌がらずに塗らしてくれるので、この夏使用したいと思います。

赤ちゃん 虫除け アロベビー

赤ちゃん 日焼け止め アロベビー バナー

アロベビーには虫除け専用のバズオフスプレーもあります!

赤ちゃん 虫除け アロベビー

価格:
1750円(税抜)
容量:
110ml

アロベビーには、UV&アウトドアミストのほかにも虫除け専用のスプレーとして「アロベビー バズオフスプレー」があります。こちらも同様に、オーガニック配合率99%以上、ディート不使用で新生児の赤ちゃんから安心して使えます。

第2位 エルバビーバ バズスプレー

赤ちゃん 虫除け エルバビーバ

価格:
2592円(税込)
容量:
120ml

カリフォルニア発オーガニックスキンケアブランドの「エルバビーバ バズスプレー」も、赤ちゃんへの絶対的な安心からランクイン。アメリカのオーガニック認証「USDA」の取得に加え、ドイツの認証団体「デメター」をも取得しています。

レモングラスの香りが強すぎるという声が多く、赤ちゃんが嫌がってしまう可能性もあるので様子を見ながらつけてあげましょう。

【虫除けデータ】
赤ちゃんへの安心度 ★★★★★
虫除け効果 ★★★☆☆
使い心地・使いやすさ ★★★☆☆

第3位 パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー

赤ちゃん 虫除け パーフェクトポーション

価格:
1512円(税込)
容量:
125ml

累計140万本の売り上げを突破しているという「パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー」。お肌だけでなく、空間や洋服の上からもスプレーできる便利な虫除けです。

ディート不使用、天然由来でできている虫除けスプレーですが、赤ちゃんへの使用は生後6ヶ月からが推奨されています。

【虫除けデータ】
赤ちゃんへの安心度 ★★★★☆
虫除け効果 ★★★☆☆
使い心地・使いやすさ ★★★★☆

第4位 ママバター UVケアミストケアミスト

赤ちゃん 虫除け ママバター

価格:
1836円 (税込)
容量:
90ml

第1位のアロベビー同様、日焼け止め効果の2役をこなす「ママバター UVケアミストケアミスト」。シアバターを高配合しているため、乾燥や肌荒れに悩む赤ちゃんの虫除けとしてもぴったり。

オーガニック製品ではあるものの、赤ちゃん専用の虫除けスプレーではなく合成成分が多少含まれているため、新生児には避けた方が良いかもしれません。月齢が大きくなった赤ちゃんにはおすすめです。

【虫除けデータ】
赤ちゃんへの安心度 ★★★☆☆
虫除け効果 ★★★★☆
使い心地・使いやすさ ★★☆☆☆

第5位 メイドオブオーガニクス オーガニック アウトドア モスガードスプレー

赤ちゃん 虫除け メイドオブオーガニクス

価格:
1728円(税込)
容量:
125ml

つぎにおすすめするのはオーストラリア発オーガニックスキンケアブランドの「メイドオブオーガニクス オーガニック アウトドア モスガードスプレー」。アルコールフリーの虫除けで、赤ちゃんにも何度もスプレーすることができます。

スプレーの香りは良いと評判ですが、虫除け効果は賛否両論。また、こちらは生後6ヶ月以降の赤ちゃんへの使用が推奨されています。

【虫除けデータ】
赤ちゃんへの安心度 ★★★☆☆
虫除け効果 ★★☆☆☆
使い心地・使いやすさ ★★★☆☆

第6位 アロマスター アロマスプレーアンチバグ

赤ちゃん 虫除け アンチバグ

価格:
831円(税込)
容量:
100ml

最後におすすめするのが、自社開発している「アロマスター アンチバグ」。100%天然アロマを使用した虫除けスプレーで、合成香料、着色料、保存料、防腐剤も無添加という徹底ぶりです。

匂いのクセが強く好き嫌いは大きく分かれるようで、嫌がる赤ちゃんが多いです。容量が少なめですが、約330回のスプレーが使用できるとされています。生後6ヶ月未満の赤ちゃんには間接的な方法で使うことが推奨されています。

【虫除けデータ】
赤ちゃんへの安心度 ★★★☆☆
虫除け効果 ★★☆☆☆
使い心地・使いやすさ ★★☆☆☆

第7位 オーガニックマドンナ アロマガードミスト

赤ちゃん 虫除け オーガニックマドンナアロマガードミスト

価格:
1620円(税込)
容量:
80ml

国産オーガニックの先駆けブランドの「オーガニックマドンナ アロマガードミスト」。ママの声から誕生した、オーガニック成分98%を配合した赤ちゃんのための虫除けスプレーです。無香料、無着色、防腐剤・ディートは不使用です。赤ちゃんの顔にも使えて、寝る前には洗い落とす必要がないほどの安心感です。

洗い流す必要がないほど使いやすく、匂いもキツすぎず赤ちゃんが嫌がらないと評判ですが、蚊に刺されやすく虫除け効果は物足りないという声が多いです。

【虫除けデータ】
赤ちゃんへの安心度 ★★★☆☆
虫除け効果 ★☆☆☆☆
使い心地・使いやすさ ★★★☆☆

第8位 ミーウェイ ハーブの虫よけスプレー

ミーウェイ 虫除けスプレー

価格:
1370円(税込)
容量:
100ml

赤ちゃんにも安心のディート無添加で赤ちゃんにも安心な「ミーウェイ 虫よけスプレー」。虫が肌にとまっても刺されずにまた飛んでいく赤ちゃんに優しい処方です。虫よけ効果の高いレモンユーカリのアロマオイルでスッキリしたハーブの香りです。

虫除けと思えないようないい香りと評判ですが、蚊はよってきてしまって虫よけ効果は物足りないといった声もあります。

【虫除けデータ】
赤ちゃんへの安心度 ★★★★☆
虫除け効果 ★☆☆☆☆
使い心地・使いやすさ ★★★☆☆

赤ちゃんの虫除けはこまめに塗り直すのがポイント

赤ちゃん 虫除け

どの虫除けスプレーにも共通して言えるのは「赤ちゃんにも安心して使える=効果が長続きしにくい」ということが挙げられます。虫除け効果を長持ちさせるためには、スプレーを塗ったあと、匂いが取れてきたと感じたらこまめに塗り直してあげるのがポイントです。少し面倒でも赤ちゃんのお肌を守るため。ママ・パパが気を遣ってあげてくださいね。

赤ちゃんのお肌に塗らない虫除けも併用して

赤ちゃんのデリケートなお肌を守るには、直接塗るタイプの日焼け止めがもっとも効果的です。そのほかにも、虫除けリング、シールタイプ、吊り下げるタイプの虫除けなどがあります。虫除けスプレーと併用してあげるとより徹底的に蚊からガードしてあげることができるので、ぜひ試してみてください。

おすすめ赤ちゃんの虫除けグッズ ~お出かけ編~

ベビーカー 虫除けネット

虫除けリング

腕や足首に巻き付けるタイプの虫除けです。持続時間は6~8時間程度。虫除けスプレーと同じく、子供用の虫除けリングはディートフリー、天然由来成分でつくられている製品が多いです。赤ちゃんに使用するときは、舐めたりしないように足首につけるのがポイント。中にはかぶれてしまう赤ちゃんもいるので、様子をみながら使ってあげてください。

シールタイプの虫除け

虫が嫌うアロマ精油を染み込ませたシール。お肌ではなく、赤ちゃんの洋服などにつけてあげます。持続時間は6時間程度。「新生児から使用OK」と記載があるような赤ちゃん用のシールタイプであれば安全性にも考慮されています。

吊り下げるタイプの虫除け

ベビーカーやベビーベッドに吊り下げられるタイプの虫除けです。持続期間は2~3ヶ月程度。赤ちゃんの肌荒れや口に入れる心配もないので、安心して使えます。香りを調節できる製品もあるようです。

ベビーカーの虫除けネット

ベビーカーに直接取り付けられる虫除けネット。蚊から赤ちゃんを守りつつ、紫外線をカットしてくれる機能がある製品もあるようです。通気性も考慮されているため、赤ちゃんは苦しくありません。

赤ちゃんとのお出かけ時の基本的な虫除け対策として、外出時はできるだけ赤ちゃんの肌の露出をおさえるために、薄手で通気性のよい素材の長袖・長ズボンを着用させてあげましょう。蚊は黒色を好むため、赤ちゃん・ママともになるべく黒っぽい色の洋服は避けましょう。
また、蚊の朝の5~6時、夕方の18~19時に活発に活動します。この時間帯の外出はなるべく控えるようにしましょう。

おすすめ赤ちゃんの虫除けグッズ ~おうち編~

赤ちゃん 蚊帳 ベビーベッド

蚊帳

どんなにおうちで虫除け対策をしていても、どこからともなく蚊は侵入してくるもの。昔ながらの蚊帳ですが、最近ではその利便性の高さから使用する家庭が増えているようです。赤ちゃんのおねんねタイムを守るために、ベビーベッドに取り付けられるような赤ちゃん専用の蚊帳も販売されています。虫除け効果だけでなく、エアコンの風を直接赤ちゃんに当たらないようにするのにもよいのだとか。

※当サイトでは赤ちゃんの虫除け対策を詳しく説明しています。ご参考ください。

それでも赤ちゃんが蚊に刺されてしまったら…虫刺され後のケア

赤ちゃん 虫刺され ケア

どんなにママ・パパが赤ちゃんの虫除けを頑張っていても、夏の間に蚊に刺されてしまうことはあるかもしれません。そんなときも、赤ちゃんがなるべくつらい思いをしなくてよいように、適切にケアしてあげましょう。

赤ちゃんが蚊に刺されているのを発見したら、まずは患部を水で洗って濡らしたタオルで冷やしてあげます。そうすることで、赤ちゃんのかゆみをおさえることができます。しばらくしても、虫刺されの患部が赤くパンパンに腫れ上がっていたりしたら、念のためかかりつけの小児科や皮膚科で薬を出してもらいましょう。放っておいて、赤ちゃんが虫刺されを掻きこわしてとびひなどに悪化するのを防いであげることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加